意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「対戦相手」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「対戦相手」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「対戦相手」という言葉を使った例文や、「対戦相手」の類語を紹介して行きます。

対戦相手

Meaning-Book
「対戦相手」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「対戦相手」とは?
  • 「対戦相手」を使った例文や短文など
  • 「対戦相手」の類語や類義語・言い換え


「対戦相手」とは?

「対戦相手」という言葉を知っているでしょうか。

「対戦相手が決まる」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「対戦相手」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「対戦相手」という言葉の意味を紹介します。

  • 「対戦相手」の読み方
  • 「対戦相手」の意味

「対戦相手」の読み方

「対戦相手」「たいせんあいて」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「対戦相手」「たいせんあいて」と読みましょう。

「対戦相手」の意味

「対戦相手」という言葉の意味を紹介します。

「対戦相手」「対戦」には「相対して戦うこと」という意味があります。

また「競技などで相手となって戦うこと」という意味もあります。

そのため「対戦相手」という言葉には、「相対して戦う相手」「競技などで戦う相手」という意味があります。

「対戦相手が決まる」という言葉には、競技などで戦う相手が決まったという意味があります。



「対戦相手」を使った例文や短文など

続いて「対戦相手」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「対戦相手」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「対戦相手」を使った例文1
  • 「対戦相手」を使った例文2

「対戦相手」を使った例文1

「彼は『対戦相手』としてふさわしい実力者だ」

この例文は、スポーツの試合などで戦うことが決まった相手を見て、自分と同じくらいの実力を持つため、相手としてふさわしいと感じている場面になります。

あまりにも実力違いの相手とは、仮に勝てるとしても、ふさわしいとは思えないでしょう。

このように戦う相手のことを「対戦相手」と呼びます。

「対戦相手」を使った例文2

「A選手は無敵のチャンピオンのため、『対戦相手』が決まらない」

この例文に登場するA選手のような、誰にも負けない実力を持ったチャンピオンとは、誰も戦いたがらないかもしれません。

もう少し待って、A選手の力が落ちた時などに、挑戦したいと思うかもしれません。

このように、無敵の王者には「対戦相手」が決まらないという辛さがあります。

「対戦相手」の類語や類義語・言い換え

「対戦相手」の類語や類似表現を紹介します。

「対戦相手」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ライバル」
  • 「敵」【てき】

「ライバル」

「ライバル」には「競争相手」「好敵手」という意味があります。

特に実力が近く、長年、対戦をしているような相手のことを「宿命のライバル」と呼びます。

「敵」【てき】

「敵」には、「勝負や争いの相手」「競争相手」という意味があります。

また「害を与える者」という意味もあり、「社会の敵」などという使い方をします。



icon まとめ

「対戦相手」という言葉について見てきました。

相対して戦う相手、競技などで戦う相手を見た時、「対戦相手」という意味を使ってみましょう。