意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「新手」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「新手」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「新手」という言葉を使った例文や、「新手」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「新手」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「新手」とは?
  • 「新手」を使った例文や短文など
  • 「新手」の類語や類義語・言い換え


「新手」とは?

「新手」という言葉を知っているでしょうか。

「新手の犯罪」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「新手」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「新手」という言葉の意味を紹介します。

  • 「新手」の読み方
  • 「新手」の意味

「新手」の読み方

「新手」「あらて」と読みます。

「しんて」「しんしゅ」と読み間違えないように気を付けましょう。

これを機会に、「新手」「あらて」と読みましょう。

「新手」の意味

「新手」という言葉の意味を紹介します。

「新手」には、「そのことに新たに携わる者」という意味があります。

また「新しく仲間に入った人」という意味もあります。

さらに「新手」には「今までと違う方法や手段」という意味があります。

「新手の犯罪」には、これまでとは違う方法の犯罪という意味があります。

このように、「新手」という言葉には、「そのことに新たに携わる者」「新しく仲間に入った人」「今までと違う方法や手段」という意味があります。



「新手」を使った例文や短文など

「新手」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「新手」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「新手」を使った例文1
  • 「新手」を使った例文2

「新手」を使った例文1

「ピンチになった頃、味方の『新手』の軍勢が救援に来る」

この例文は、戦国時代の合戦の様子を文章にしたものです。

どちらかの軍が劣勢で、このままでは全滅しそうな時に、新しい軍勢が救援に来たという劇的な場面になります。

このような新しく参加する人などを、「新手」と呼びます。

「新手」を使った例文2

「『新手』の業者が、売り込みに来る」

この例文は、これまで売り込みにこなかった、新規参入の業者が、売り込みに来たという意味があります。

これまでの業者とは違った、素晴らしいサービスや、料金設定などを用意しているかもしれません。

このように、新しく携わる人についても「新手」という言葉を使ってみましょう。

「新手」の類語や類義語・言い換え

「新手」の類語や類似表現を紹介します。

「新手」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「ニューカマー」
  • 「新顔」【しんがお】

「ニューカマー」

「ニューカマー」には「新しく来た人」「新参者」という意味があります。

「今年のわが社のニューカマーだ」などと、新入社員を古参の社員に紹介するかもしれません。

「新顔」【しんがお】

「新顔」には「その社会に新しく仲間入りした人」という意味があります。

「彼は新顔だが、どこの会社の人」という時は、その男性が初めて見る顔のため、どこの会社に所属しているか、知り合いに聞いているという意味があります。



icon まとめ

「新手」という言葉について見てきました。

何かに新しく携わる人や、新しく参加する人などを見た時、「新手」という言葉を使ってみましょう。