意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「察知」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「察知」という言葉を色々な場面で耳にしたことがあるかと思います。

この言葉は、ビジネスシーンでよく使われることが多い言葉かもしれません。

普段、仕事をしていて深く意識せずに使っている人もいるでしょうが、果たして正しい理解の上で使っているでしょうか? そこで今回は、この「察知」についてフォーカスして行くことにします。

察知

Meaning-Book
「察知」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「察知」とは?
  • 「察知」の表現の使い方
  • 「察知」を使った例文と意味を解釈
  • 「察知」の類語や類義語


「察知」とは?

「察知」とは、「見聞きしたことから相手の様子や出方を推し計って知ること」「情報や経験をベースにして推し計り知ること」という意味がある言葉です。

  • 「察知」の読み方

「察知」の読み方

「察知」「さっち」という読み方をなるので、ここでしっかりとチェックしておくことにしましょう。



「察知」の表現の使い方

「察知」「見たり聞いた情報を元にして推測してから、何かのことを知ること」という意味になりますので、近い将来において、ある出来事が起こりそうなことをあらかじめ予測できそうな場面で使われるごとになります。

「察知」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「察知」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「察知」を使った例文1
  • 「察知」を使った例文2

「察知」を使った例文1

「今夜になってから、関東方面の異常事態を察知した」

どのような「異常事態」なのか定かではないのですが、関東方面で何か異常めいたことが起こりそうな気配があることを、この例文では言おうとしているのでしょう。

「察知」を使った例文2

「田中産業社の営業の動きや取られそうな顧客を察知して、次の行動を未然に防いで、より良い方向に導いて欲しいのだ」

これは田中産業社の持つ顧客情報をベースに、細かな営業の動きや心境を推し量って、当社既設顧客が巻き取られるのを未然に防いでということを要望することになったのです。



「察知」の類語や類義語

「察知」を他の言葉で言い換えるとするなら、他にどのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「悟る」【さとる】
  • 「気付く」【きづく】

「悟る」【さとる】

「悟る」「察知」の類義語になるのですが、「物事の真の意味を知る」「はっきりと理解する」「隠されているもの、あるいは自分の運命などについて、それとなく気づく」「感づく」という意味で使われています。

また、仏教用語として「迷いや煩悩?(ぼんのう)?を取り除き生死を超えた永遠の真理を会得する」という意味でも使われています。

「気付く」【きづく】

「気付く」という言葉も類義語として扱うことができます。

意味としては、「それまで気に止めていなかったところに注意が向いて、物事の存在や状態を知る」「意識を取り戻す」「正気に戻る」などの意味で使われる言葉です。

icon まとめ

「察知」という言葉について、その意味や使い方を紹介してきましたが、ビジネスシーンでも、頻繁に目にしたり聞くことがある言葉なので、これを機会にボキャブラリーを増やす努力をしていって欲しいと思います。