意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悟る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

文章を読んでいて「悟る」という言葉を見掛けることがあります。

一体どの様な意味なのか、語源や例文なども併せて紹介します。

悟る

Meaning-Book
「悟る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「悟る」とは?
  • 「悟る」の表現の使い方
  • 「悟る」を使った例文と意味を解釈
  • 「悟る」の類語や類義語


「悟る」とは?

「悟る」の概要について紹介します。

  • 「悟る」の読み方
  • 「ものごとの本質や意味をはっきりと理解すること」の意味
  • 「自分の身近に起きていることやこれから起きることに気付くこと」の意味
  • 「仏教で悟りを開くこと」の意味
  • 「悟る」の語源

「悟る」の読み方

「悟る」「さとる」と読みます。

人名で「悟」と書いて「さとる」と読む人もいるので、覚えておきましょう。

「ものごとの本質や意味をはっきりと理解すること」の意味

そのものごとを行う意味、本当の性質について、自分の力で理解することを言います。

それが何の為に存在しているのか、自分との関わりなどについて深く考え結論を出し、頭の中が整理される時の表現です。

「自分の身近に起きていることやこれから起きることに気付くこと」の意味

まだ隠れていて見えないものや、これから自分の身に起きることに気付くことを言います。

トラブルや災難を表すこともあれば、良い出会いなどを表すこともあります。

「仏教で悟りを開くこと」の意味

仏教で、煩悩や迷いを捨て去り、お釈迦様の教えの真理を理解することという意味です。

特別に修行をした者が得られる境地です。

「悟る」の語源

「悟る」は名詞形にすると「悟り」になり、語源は、「差取り(さとり)」という言葉からきているという説があります。

「差取り」とは、「差を取ること」、つまり「人との差を取り除くこと」という意味です。

人は自分を他人と比較して羨ましいと思ったり、勝ったと思ったりします。

この様な煩悩を取り除くことで、生きるのが楽になり、幸せになれると言われ「差取り」がその方法とされていたのです。

この「差取り」が後に「悟り」に変化して使われる様になりました。



「悟る」の表現の使い方

「悟る」の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 哲学的な意味が含まれる

文法的な使い方

「悟る」は動詞で、「〇〇を悟る」「〇〇を悟った」として使われます。

また、知られたくないことを相手に勘付かれる時に「悟られる」と受け身の形で使われることもあります。

哲学的な意味が含まれる

「悟る」はものごとの本質や真理、その時の状況などを深く理解することを表します。

「知る」という言葉よりも哲学的で重みがあり、他の人よりも一歩優位にいる状態を表します。

特に自慢する意味はありませんが、ものごとをしっかりと理解できている時に使いましょう。

「悟る」を使った例文と意味を解釈

「悟る」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「悟る」を使った例文1
  • 「悟る」を使った例文2

「悟る」を使った例文1

「『頑張り過ぎない様に』という先輩の言葉の意味を悟った」

新しい仕事に就いて張り切り過ぎてしまい、身体を壊してしまいました。

そこで最初に先輩に「頑張り過ぎない様に」と言われた意味を理解したことを表しています。

「悟る」を使った例文2

「自分の気持ちを悟られないかと思いドキドキした」

片思いの人と話していて、自分が好きであることがバレないかと心配したことを表しています。



「悟る」の類語や類義語

「悟り」の類語を紹介します。

  • 「開眼する」【かいがんする】
  • 「境地に達する」【きょうちにたっする】

「開眼する」【かいがんする】

「目が見える様になる」「ものごとの本質がはっきり分る様になる」という意味です。

「境地に達する」【きょうちにたっする】

「持っている能力が非常に高いレベルまで届くこと」という意味です。

icon まとめ

「悟る」「ものごとの本質や意味をはっきりと理解すること」「自分の身近に起きていることやこれから起きることに気付くこと」「仏教で悟りを開くこと」という意味があります。

難しい言葉ですが使いこなせる様にしておきましょう。