意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「合わせる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「合わせる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「合わせる」という言葉を使った例文や、「合わせる」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「合わせる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「合わせる」とは?
  • 「合わせる」を使った例文や短文など
  • 「合わせる」の類語や類義語・言い換え


「合わせる」とは?

「合わせる」という言葉を知っているでしょうか。

「力を合わせる」という言葉を知っているかもしれません。

一方で、「合わせる」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「合わせる」という言葉の意味を紹介します。

  • 「合わせる」の読み方
  • 「合わせる」の意味

「合わせる」の読み方

「合わせる」「あわせる」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「合わせる」「あわせる」と読みましょう。

「合わせる」の意味

「合わせる」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「合わせる」には、「一致させる」「二つ以上の物を一つにする」という意味があります。

「力を合わせる」という言葉には、二人以上の人が協力して何かをするという意味があります。

また「合わせる」には「二つの物がすきまなくぴったりと接するようにすること」という意味があります。

このように「合わせる」という言葉には、「一致させる」「二つ以上の物を一つにする」「二つの物がすきまなくぴったりと接するようにすること」という意味があります。



「合わせる」を使った例文や短文など

次に「合わせる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「合わせる」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「合わせる」を使った例文1
  • 「合わせる」を使った例文2

「合わせる」を使った例文1

「好きな人には、いつの間にか目を『合わせる』癖がある」

この例文は、好きな人と目線が一致してしまうという人についての文章になります。

目線が一致することを「目を合わせる」と言います。

相手が自分に好意を持っているかどうかは、目が合うかどうかで分かると言われているため、このような癖がある人は、相手に好意が伝わっているかもしれません。

「合わせる」を使った例文2

「薄い紙を二枚『合わせて』頑丈にする」

この例文は、薄い紙同士をすきまなくくっつけて、頑丈な紙にしている様子を文章にしたものです。

このように、二つの物が隙間なくぴったりと接する様子を「合わせる」と言います。

「合わせる」の類語や類義語・言い換え

続いて「合わせる」の類語や類似表現を紹介します。

「合わせる」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「組み合わせる」【くみあわせる】
  • 「結ぶ」【むすぶ】

「組み合わせる」【くみあわせる】

「組み合わせる」には、「二つ以上の物を合わせて、一組にする」という意味があります。

「二つの単語を組み合わせて、熟語にする」「商品を組み合わせて、セット販売する」などという使い方をします。

「結ぶ」【むすぶ】

「結ぶ」には「紐などの細長い物を組んでつなぐ」という意味があります。

「紐を結ぶ」「紙を結ぶ」などという使い方をします。



icon まとめ

「合わせる」という言葉について見てきました。

何かと何かを一致させる時、二つ以上の物を一つにする時などに、「合わせる」という言葉を使ってみましょう。