意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「割り増し」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「割り増し」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「割り増し」という言葉を使った例文や、「割り増し」の類語を紹介して行きます。

割り増し

Meaning-Book
「割り増し」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「割り増し」とは?
  • 「割り増し」を使った例文や短文など
  • 「割り増し」の類語や類義語・言い換え


「割り増し」とは?

「割り増し」という言葉を知っているでしょうか。

「割り増し料金」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「割り増し」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「割り増し」という言葉の意味を紹介します。

  • 「割り増し」の読み方
  • 「割り増し」の意味

「割り増し」の読み方

「割り増し」「わりまし」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「割り増し」「わりまし」と読みましょう。

「割り増し」の意味

「割り増し」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「割り増し」には、「通常の金額に対して、さらに何割か増した金額のこと」という意味があります。

「割り増し料金」は、何かしらの理由で、通常の金額に何割か増した料金という意味があります。

このように、「割り増し」という言葉には、「通常の金額に対して、さらに何割か増した金額のこと」という意味があります。



「割り増し」を使った例文や短文など

続いて「割り増し」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「割り増し」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「割り増し」を使った例文1
  • 「割り増し」を使った例文2

「割り増し」を使った例文1

「終電を逃してタクシーに乗ると、深夜のため『割り増し』になる」

この例文は、終電を逃してしまったため、タクシーに乗ることになった人についての文章になります。

労働基準法により、夜の10時以降の労働には、「割り増し手当て」が支払われるため、タクシー代も「割り増し料金」になります。

「割り増し」を使った例文2

「お盆の時期の旅館は、『割り増し』のため高くつく」

この例文のように、お盆のような繁忙期の旅館は、通常の宿泊費よりも何割か高くなります。

旅館によっては、通常期の数倍という宿泊費を設定することもあります。

そのため、お盆などの繁忙期に旅行をすると、とてもお金がかかります。

「割り増し」の類語や類義語・言い換え

「割り増し」の類語や類似表現を紹介します。

「割り増し」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「追加料金」【ついかりょうきん】
  • 「深夜料金」【しんやりょうきん】

「追加料金」【ついかりょうきん】

「追加料金」「基本の料金に、追加で必要になる料金」という意味があります。

例えば披露宴の基本プランに、ゴンドラ使用などのオプションを加えると「追加料金」がかかります。

「深夜料金」【しんやりょうきん】

「深夜料金」は、「深夜帯に設定された割り増し料金」という意味があります。

労働基準法により、深夜の労働には手当がつくため、その分を料金に反映した場合、「深夜料金」として、通常よりも高い金額が設定されます。



icon まとめ

「割り増し」という言葉について見てきました。

通常の金額に対して、さらに何割か増した金額について話す時、「割り増し」という言葉を使ってみましょう。