意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「利発」とは?意味や類語!例文と解釈

「利発」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「利発」という言葉を使った例文や、「利発」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「利発」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「利発」とは?
  • 「利発」の英語と解釈
  • 「利発」の表現の使い方
  • 「利発」を使った例文や短文など
  • 「利発」の類語や類義語・言い換え


「利発」とは?

「利発」という言葉を知っているでしょうか。

「利発な子供」という言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

今回は「利発」という言葉の意味を紹介します。

  • 「利発」の読み方
  • 「利発」の意味

「利発」の読み方

「利発」「りはつ」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「利発」「りはつ」と読みましょう。

「利発」の意味

「利発」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「利発」には、「理解が早く賢いこと」という意味があります。

また「頭の回転が速いこと」という意味があります。

そのため「利発な子供」という言葉には、「頭の回転が速い、賢い子供」という意味があります。

このように「利発」という言葉には、「理解が早く賢いこと」「頭の回転が速いこと」という意味があります。



「利発」の英語と解釈

「利発」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「利発」は英語で、“clever”(クレバー)になります。

“clever”には「賢い」「利発」という意味があるためです。

このように「利発」を英語にする時は、“clever”を使ってみましょう。

「利発」の表現の使い方

「利発」という言葉は、どのような使い方をすればいいでしょうか。

「利発」には、理解が早く賢いこと、頭の回転が速いことという意味があるため、そのような人に対して使ってみましょう。

また「利発」は大人の人に対して使うことは少なく、子供や若者などに対して使うことが多い言葉になります。

そのため、賢そうで、頭の回転が速い子供に対して使うようにしましょう。



「利発」を使った例文や短文など

「利発」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「利発」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「利発」を使った例文1
  • 「利発」を使った例文2

「利発」を使った例文1

「『利発』そうな少女のため、将来が楽しみだ」

この例文のように、賢そうで、頭の回転の良さそうな子供は「利発な子供」「利発そうな子供」と呼ばれます。

そのまま順調に育てば、素敵な女性になるかもしれないと、周囲の大人は期待するでしょう。

「利発」を使った例文2

「彼は子供の頃、兄弟の中でもっとも『利発』と思われていた」

この例文は、少年時代に兄弟の中で、もっとも賢く頭の回転が速いと思われていた人に関する文章になります。

子供の頃「利発」と思われていた人が、そのまま賢い大人になるとは限りません。

「あの時は利発だと思ったのに」というように、現在の大人になった彼を、非難するような意味で、「利発」を使うこともあります。

「利発」の類語や類義語・言い換え

続いて「利発」の類語や類似表現を紹介します。

「利発」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「利口」【りこう】
  • 「賢い」【かしこい】

「利口」【りこう】

「利口」には「頭がいいこと」という意味があります。

「利口な子供」「利口な犬」などという使い方をします。

「賢い」【かしこい】

「賢い」には「頭の回転が良く、知恵や知能が優れている」という意味があります。

「賢い少女」「賢い生徒」などという使い方をします。

icon まとめ

「利発」という言葉について見てきました。

理解力が高く、賢い少年や少女を見た時、また頭の回転が速そうな子供を見た時、「利発」という言葉を使ってみましょう。