意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「利口」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「利口」という表現は「利口な子供へと成長しました」「利口で弁才のある人物」といった文章で使われていますが、「利口」にはどのような意味があるのでしょうか?

「利口」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「利口」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「利口」とは?意味
  • 「利口」の表現の使い方
  • 「利口」を使った例文と意味を解釈
  • 「利口」の類語や類義語


「利口」とは?意味

「利口」という表現は、「頭が良いこと・賢いこと」「子供が大人しくて聞き分けが良いさま」を意味しています。

また「利口」には、「頭の回転が速くて口先が上手いこと」の意味もあります。

「利口」というのは、「頭(要領)が良くて、抜け目がないこと」を意味している表現なのです。

「利口」の語源は漢語にあり、元々は「口先だけが上手いこと・言葉巧みなこと」を意味していましたが、日本では「賢いこと」の意味が強くなっています。

  • 「利口」の読み方

「利口」の読み方

「利口」の読み方は、「りこう」になります。



「利口」の表現の使い方

「利口」の表現の使い方を紹介します。

「利口」の表現は、「頭が良いこと・賢いこと」「口先が上手いこと」を意味して使われます。

例えば、「利口な人物なのでミスはしないでしょう」といった文章で使用できます。

「利口」の表現は、「可愛くて利口な子供」というように「大人しくて聞き分けが良い子供」を指して使う使い方もあります。

また「利口」は、「利口な女性に言い負かされました」というように、「口先が上手いこと・言葉巧みなさま」を指示して使うという使い方もできます。

「利口」を使った例文と意味を解釈

「利口」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「利口」を使った例文1
  • 「利口」を使った例文2

「利口」を使った例文1

「利口な人物ほど、自分の見通しが狂って思い通りにならない状況になった時、パニックになりやすいのです」

この「利口」を使った例文は、「利口」という表現を、「要領が良くて計算高い人物」「頭が良くて口だけが上手い人物」という意味合いで使っています。

「利口」を使った例文2

「利口な子供だったので、母親の言いつけをきちんと守っていつもお留守番をしていました」

この「利口」を使った例文では、「賢くて聞き分けの良い子供」「大人しくて頭の良い子供」という意味を持つ文章で、「利口」という表現を使用しています。



「利口」の類語や類義語

「利口」の類語や類義語を紹介して、その意味を説明します。

  • 「賢明・賢い」【けんめい】
  • 「利発・聡明」

「賢明・賢い」【けんめい】

「利口」という表現は、「頭が良くて(弁が立って)賢いこと」「物事の道理が分かっていて賢明なさま」を意味しています。

その意味合いから、「利口」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「賢明・賢い」を上げることができます。

「利発・聡明」

「利口」という表現は、「頭の回転が速くて利発なさま」「物事をすぐに理解できるほどに聡明なこと」を意味しています。

「利発」とは「頭の回転が速くて賢いさま」「聡明」とは「物事の理解が速くて頭が良いさま」を意味する言葉です。

その意味合いから、「利発・聡明」という表現を、「利口」の類義語として解釈できます。

icon まとめ

この記事で解説した「利口」の表現には、「頭が良いこと・賢いこと」「要領が良くて口が上手いこと」「子供が大人しくて聞き分けが良いさま」などの意味があります。

「利口」の類語・類義語として、「賢明・賢い」「利発・聡明」などがあります。

「利口」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。