意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「劣る」とは?意味や類語!例文と解釈

皆さんの中には、日頃の生活の中で「劣る」という言葉に敏感な人もいるかもしれません。

この言葉には、優劣を意味する言葉の1つで、そのことを常に意識している人がいるからです。

今回は、この「劣る」という言葉にフォーカスして、改めてその意味や使い方を考えて行きたいと思います。

劣る

Meaning-Book
「劣る」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「劣る」とは?
  • 「劣る」の対義語
  • 「劣る」の表現の使い方
  • 「劣る」を使った例文と意味を解釈
  • 「劣る」の類語や類義語


「劣る」とは?

「劣る」とは、「他と比べてみて、対象となるものに及ばない」「ひけを取る」という意味がある言葉です。

  • 「劣る」の読み方

「劣る」の読み方

「劣る」「おとる」といういうふうに読みますが、普段から使われている言葉なので、特別に難しく感じることはないでしょう。



「劣る」の対義語

「他と比べて、ひけを取る」という意味の「劣る」と反対の意味を持つ言葉としては、「勝る」というものが、対義語として挙げることができます。

「他よりも機能や能力が高い」という意味になります。

人は誰でも物事を比較したくなるものですが、そこに「勝る」「劣る」の価値基準で計ろうとします。

「劣る」の表現の使い方

「劣る」は、「他よりも機能や能力が低い」という意味になりますので、物事の状態が他のものより質が良くない場合や、力がない場合、量などが少ないといったような状態を指して使うことになります。



「劣る」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「劣る」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「劣る」を使った例文1
  • 「劣る」を使った例文2

「劣る」を使った例文1

「彼女はお姉さんに劣らずいい女性だ。だから誰からでも好かれるのかもしれない」

お姉さんは、とても美人で性格もとてもいい人なのかもしれません。

しかし、妹さんである「彼女」もお姉さんに「劣る」ことなく、性格も外見もいいのでしょう。

だから誰からでも好かれるタイプなのです。

姉妹揃って、とてもいいのかもしれません。

「劣る」を使った例文2

「僕は行動力の点で、彼に劣っていると思うが、よく考えて行動するタイプなので、失敗することはありません」

行動力のある人は何かにつけて周りの人達から、いい評価をもらいやすいものです。

逆に行動力が鈍い人は、厳しい目で見られてしまうのですが、それでも失敗しないように慎重に物事に当たることが大切なこともたくさんあります。

ここで大事なことは、どちらのタイプもそれぞれ良い点があるということです。

お互いに長所を認めることがポイントでしょう。

「劣る」の類語や類義語

「劣る」を他の言葉で言い換えるとするなら、他にどのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「できが悪い」【できが悪い】
  • 「下回る」【したまわる】

「できが悪い」【できが悪い】

「できが悪い」という言葉も「劣る」に近い意味を持つ類義語として扱うことができます。

「優劣の面で後れを取ること」という意味で使われいますが、「あいつはできが悪いので、何度教えても失敗を繰り返す」というような文で使うことができます。

「下回る」【したまわる】

「下回る」という言葉もありますが、「能力や数値が比較対象に比べて劣るさま」のことを指しています。

ビジネスシーンでは、「売上実績が前年度よりも下回る」というようなケースで使われることがあります。

icon まとめ

「劣る」という言葉の意味や使い方を改めて眺めてきましたが、この言葉は仕事をしている中で、よく使われる言葉です。

特に人事評価をする立場にいる人にとっては、この言葉はよく出てくるキーワードでしょう。

逆に評価される側の一般社員は、他人より「劣る」ことを嫌いますが、そのようなことをきにせずに自分の仕事に専念するようにしておきたいものです。

人は、「勝る」点もあれば、「劣る」点もあって当然なのですから、そのことばかり意識することはありません。