意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「忍び込む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「忍び込む」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「忍び込む」という言葉を使った例文や、「忍び込む」の類語を紹介して行きます。

忍び込む

Meaning-Book
「忍び込む」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「忍び込む」とは?
  • 「忍び込む」を使った例文や短文など
  • 「忍び込む」の類語や類義語・言い換え


「忍び込む」とは?

「忍び込む」という言葉を知っているでしょうか。

時代劇などで、「城に忍び込む、忍者」の姿を見たことがあるかもしれません。

一方で、「忍び込む」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「忍び込む」という言葉の意味を紹介します。

  • 「忍び込む」の読み方
  • 「忍び込む」の意味

「忍び込む」の読み方

「忍び込む」「しのびこむ」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「忍び込む」「しのびこむ」と読みましょう。

「忍び込む」の意味

「忍び込む」という言葉の意味を紹介します。

「忍び込む」には、「こっそりと人目につかないようにして、中に入る」という意味があります。

「忍者が城に忍び込む」という文章には、忍者が人目につかないように、城の中にこっそり入るという意味があります。

このように「忍び込む」という言葉には、「こっそりと人目につかないようにして、中に入る」という意味があります。



「忍び込む」を使った例文や短文など

続いて「忍び込む」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「忍び込む」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「忍び込む」を使った例文1
  • 「忍び込む」を使った例文2

「忍び込む」を使った例文1

「どうしても会いたいため、夜中に彼女の家に『忍び込む』」

この例文は、夜中になり、どうしても彼女に会いたくなった男性が、彼女の家に人目を忍んで入り込む様子になります。

人の目を避けて、こっそり建物の中などに入る時、「忍び込む」と言います。

男性禁制の寮などの場合は、みつかったら大事になるかもしれません。

「忍び込む」を使った例文2

「泥棒が金持ちの家に『忍び込む』」

この例文は、泥棒が金品を盗む目的で、人目につかないように、こっそり金持ちの屋敷に入って行く様子になります。

泥棒が他人の家にこっそり入る様子は、まさに「忍び込む」という言葉にぴったりです。

「忍び込む」の類語や類義語・言い換え

「忍び込む」の類語や類似表現を紹介します。

「忍び込む」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「侵入」【しんにゅう】
  • 「潜入」【せんにゅう】

「侵入」【しんにゅう】

「侵入」には、「他の領分を侵して強引に入り込む」という意味があります。

「不法侵入」には、法を守らずに、外国等に強引に入り込むという意味があります。

「潜入」【せんにゅう】

「潜入」には、「こっそりと入ること」という意味があります。

また「忍び込むこと」という意味もあります。

「敵の城に潜入する」などという使い方をします。



icon まとめ

「忍び込む」という言葉について見てきました。

誰にも気づかれぬように、こっそりと中に入る様子を見た時、「忍び込む」という言葉を使ってみましょう。