意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「目前に控える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「目前に控える」は、これから何かが起きる(起こる)と分かっている時によく使われます。

Meaning-Book
「目前に控える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「目前に控える」とは?
  • 「目前に控える」の表現の使い方
  • 「目前に控える」を使った例文と意味を解釈
  • 「目前に控える」の類語や類義語


「目前に控える」とは?

この「目前に控える」は、そう表現した何かがもうすぐだという意味で使います。

よく見聞きする使い方として、「受験を目前に控える」と言えば、受験がもうすぐだという意味になります。

秋になると、専門店が「スキーシーズンを目前に控えるこの時期だからこその特売セール」などと使っていますが、先の受験の例も同様に、その対象がすぐにでもやってくると使う言葉です。

  • 「目前に控える」の読み方

「目前に控える」の読み方

「目近に控える」は、「もくぜんにひかえる」と読む言葉です。

上で挙げた例のように、何かのイベントやシーズンがやってくるという時に使われます。

言葉から受けるニュアンスでは、それが「控えている」というだけながら、確実にやってくる場合に使う言葉です。



「目前に控える」の表現の使い方

「目前に控える」と表現した対象は、自分にとって(とっても)何かしらの意味がある場合が多いと言えるでしょう。

そうでないと、わざわざこのような表現をする必要がないからです。

ですが、「受験を目前に控える受験生は~」のように、誰かしらにとって意味があると使うケースもある為、必ずしも自分と関係があるとも限りません。

「目前に控える」を使った例文と意味を解釈

「目前に控える」を使った例文と、その意味の解釈です。

どれだけ該当の事柄が近くまできているのかは、使い方次第だと言えるでしょう。

  • 「目前に控える」を使った例文1
  • 「目前に控える」を使った例文2

「目前に控える」を使った例文1

「そろそろ大学生は就活を目前に控える時期だと言われるが、まだ前年の8月だ」

大学生の就活に関してはルールがあり、4年生(卒票)を迎える前年の3月からだと決められています。

この例文で言っている前年とは、その更に前の年の8月のことで、実質的にはこの頃から準備を始めないといけないと言われています。

その為、実質的にはあまり「目前」とも言えませんが、特に問題なく意味が通る使い方です。

「目前に控える」を使った例文2

「締切が目前に控えるというのに、何もアイデアが浮かんでこない」

こちらは、本当に締切の期日が近いと使っている例になります。

それでは困ったものなので、何としてもアイデアを捻り出すしかないでしょう。



「目前に控える」の類語や類義語

「目前に控える」と同様の意味で使える言葉です。

こちらで言い換えて使われることも多いです。

  • 「間近に迫る」【まぢかにせまる】

「間近に迫る」【まぢかにせまる】

「目前」「間近」と置き換えて、それが「迫る」と使うことで、「目前に控える」より直接的に何かが近くまできていることが表されています。

ほとんど同じ意味になる為、言い換え表現として使うことができます。

icon まとめ

何かの対象が「目前に控える」と使われていても、そこまですぐのことだとは限りません。

しかし、遠からず必ず近い未来にやってくるのは間違いないでしょう。