意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「間近に迫る」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「間近に迫る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「間近に迫る」という言葉を使った例文や、「間近に迫る」の類語を紹介して行きます。

間近に迫る

Meaning-Book
「間近に迫る」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「間近に迫る」とは?
  • 「間近に迫る」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「間近に迫る」を使った例文や短文など


「間近に迫る」とは?

「間近に迫る」という言葉を知っているでしょうか。

ビジネスシーンで、「納期が間近に迫る」という経験があるかもしれません。

一方で、「間近に迫る」という言葉を、まるで知らないという人もいるでしょう。

そこで「間近に迫る」という言葉の意味を紹介します。

  • 「間近に迫る」の読み方
  • 「間近に迫る」の意味

「間近に迫る」の読み方

「間近に迫る」「まぢかにせまる」と読みます。

「間近」「まぢか」「迫る」「せまる」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

「間近に迫る」の意味

「間近に迫る」という言葉の意味を紹介します。

「間近」には、「時間や距離がかなり近いところまで来ていること」という意味があります。

例えば、「駅に間近なアパート」という時は、駅までの距離がかなり近いアパートという意味になります。

また「迫る」には、「間隔が小さくなる」「圧倒するような勢いで近づく」という意味があります。

そのため「間近に迫る」には、「時間や距離の間隔が短くなる」「期日などがかなり近づいてくる」という意味があります。



「間近に迫る」の類語や類似表現や似た言葉

次に「間近に迫る」の類語や類似表現を紹介します。

「間近に迫る」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「差し迫る」【さしせまる】
  • 「待ったなし」【まったなし】

「差し迫る」【さしせまる】

「差し迫る」には「期日や事態などが、間近になる」という意味があります。

例えば、「危険が差し迫る」という場合は、危険が間近になるという意味があります。

また「状況が差し迫る」という時は、「何かしらの状況が間近になる」という意味があります。

「待ったなし」【まったなし】

「待ったなし」には、「時間的に差し迫っている」という意味があります。

「納期まで、待ったなしだ」という時は、納期まで差し迫っているという意味があります。

また大相撲で「待った」はできないと言う時、「待ったなし」という言葉を使います。

「間近に迫る」を使った例文や短文など

続いて「間近に迫る」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「間近に迫る」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「間近に迫る」を使った例文1
  • 「間近に迫る」を使った例文2

「間近に迫る」を使った例文1

「ドライブ中に、東京タワーが『間近に迫る』」

この例文は、ドライブをしている途中で、東京タワーとの距離がとても近づいた場面を文章にしたものです。

ドライブ中にふと車窓を見たら、赤い東京タワーが輝いているのが見えることがあるでしょう。

思いの他、距離が近く、東京タワーが大きく見えて驚く時、「間近に迫っている」のではないでしょうか。

このように歩いて数分の距離まで何かが近づいた時、「間近に迫る」という言葉を使ってみましょう。

「間近に迫る」を使った例文2

「人生を賭けた、試験が『間近に迫る』」

この例文のように、大切な試験の期日が近づいた時、「間近に迫る」という言葉を使ってみましょう。

例えば、数年かけて勉強してきた資格試験の期日まで、一か月を切ると、試験日がすごい勢いで近づいてくるのを感じるかもしれません。

このように時間の間隔が短くなった時、かなり近づいてきた時に、「間近に迫る」という言葉を使ってみましょう。



icon まとめ

「間近に迫る」という言葉について見てきました。

時間や距離が短くなる時、何かの期日が、かなり近づいてきた時などに、「間近に迫る」という言葉を使ってみましょう。