意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「衰退」とは?意味や使い方!例文や解釈

「衰退」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「衰退」という言葉を使った例文や、「衰退」の類語を紹介して行きます。

衰退

Meaning-Book
「衰退」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「衰退」とは?
  • 「衰退」の英語と解釈
  • 「衰退」の表現の使い方
  • 「衰退」を使った例文や短文など
  • 「衰退」の類語や類義語・言い換え
  • 「衰退」の反対語


「衰退」とは?

「衰退」という言葉を知っているでしょうか。

歴史好きな人は、一つの王朝が「衰退」する場面を本などで読んだことがあるでしょう。

一方で、「衰退」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「衰退」という言葉の意味を紹介します。

  • 「衰退」の読み方
  • 「衰退」の意味

「衰退」の読み方

「衰退」「すいたい」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「衰退」「すいたい」と読みましょう。

「衰退」の意味

「衰退」という言葉の意味を紹介します。

「衰退」には、「衰えて退歩すること」「衰えて勢いがなくなること」という意味があります。

「一つの王朝が衰退する」という時は、王朝が衰えて勢いがなくなることという意味があります。

かつては繁栄をきわめた王朝が、失策や慢心により衰えて勢いがなくなる時、「王朝が衰退する」と言います。

このように「衰退」という言葉には、「衰えて退歩すること」「衰えて勢いがなくなること」という意味があります。



「衰退」の英語と解釈

衰退 meaning in english

次に「衰退」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「衰退」は英語で、“deterioration”になります。

“deterioration”には「劣化」「悪化」「衰退」という意味があります。

このように、「衰退」を英語にする時は、“deterioration”という言葉を使ってみましょう。

「衰退」の表現の使い方

「衰退」という言葉はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「衰退」には衰えて退歩すること、衰えて勢いがなくなることという意味があります。

そのため、何かや人が衰えて勢いがなくなる様子を見た時、「衰退」という言葉を使ってみましょう。

例えば、人気があったイベントが、現在は人気がなくなり、空席が目立つ時、イベントが衰えて勢いがなくなったと言えます。

このような時、「人気イベントが衰退した」などと「衰退」という言葉を使いましょう。



「衰退」を使った例文や短文など

続いて「衰退」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「衰退」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「衰退」を使った例文1
  • 「衰退」を使った例文2

「衰退」を使った例文1

「車社会になるほど、鉄道が『衰退』していく」

この例文のように、かつては鉄道を使っていた人々も、自動車移動の方が便利だと気付くと、車社会になって行きます。

すると鉄道会社は採算が取れないため、鉄道の本数を減らし、ますます自動車を持つ人が増えて行きます。

結果的に鉄道が衰えて、退歩して行くため、鉄道が「衰退」していくと言えるでしょう。

「衰退」を使った例文2

「近所の商店街に活気がなく、『衰退』が進んでいると感じる」

みなさんの家の近くの商店街には、活気があるでしょうか。

シャッターを閉めたままの店舗が増えていれば、商店街が衰えて、勢いを失っていると言えるでしょう。

そのため「商店街が衰退した」と言えます。

何かが変わらない限り、「衰退が進む」かもしれません。

「衰退」の類語や類義語・言い換え

「衰退」の類語や類似表現を紹介します。

「衰退」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「退歩」【たいほ】
  • 「後戻り」【あともどり】
  • 「退化」【たいか】
  • 「退行」【たいこう】
  • 「退潮」【たいちょう】

「退歩」【たいほ】

「退歩」には、「今までの状態より悪くなること」という意味があります。

「状況が退歩する」という時は、以前よりも状況が悪くなるという意味があります。

「後戻り」【あともどり】

「後戻り」という言葉には、「退歩」「今までよりも悪くなる」という意味があります。

「技術が後戻りしている」という時は、技術が今までより悪くなっているという意味があります。

「退化」【たいか】

「退化」という言葉には、「進歩がなく、後戻りすること」という意味があります。

例えば「文明に退化が見られる」という時は、文明が進歩せず、後戻りしているように見えることという意味があります。

「退行」【たいこう】

「退行」には、「器官や病巣などが衰えて退化すること」という意味があります。

「退行器官」は、器官が衰えて退化したもの、という意味があります。

「退潮」【たいちょう】

「退潮」という言葉には、「勢力の衰えること」という意味があります。

「会社に退潮が見られる」という時は、会社の勢力に衰えが見られることという意味があります。

「衰退」の反対語

最後に「衰退」の反対語を紹介します。

「衰退」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「進歩」【しんぽ】
  • 「進化」【しんか】
  • 「躍進」【やくしん】
  • 「発展」【はってん】

「進歩」【しんぽ】

「進歩」という言葉には、「段々発達して良くなること」という意味があります。

「技術が進歩する」という文章には、技術が段々発達して良くなることという意味があります。

「学力が進歩する」「医学に進歩がみられる」などという使い方をします。

「進化」【しんか】

「進化」という言葉には、「長い年月の間に、少しずつ変化、発達すること」という意味があります。

例えば「生物が進化する」という時は、長い年月を掛けながら、ある生物が少しずつ変化し、発達することという意味があります。

「躍進」【やくしん】

「躍進」には、「勢いよく発展、進出すること」という意味があります。

「企業が躍進する」という時は、その企業の業績などが良く、勢いよく発展し、新しい市場などに進出して行く様子になります。

「発展」【はってん】

「発展」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「発展」には、「進んだ段階に移ること」という意味があります。

「事件が発展する」という時は、ある事件が進んだ段階に移ったという意味があります。

また「会社が発展する」「国が発展する」という使い方をします。

icon まとめ

「衰退」という言葉について見てきました。

衰え退歩する様子を見た時、衰えて勢いがなくなる様子を見た時に、「衰退」という言葉を使ってみましょう。