意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手出し」とは?意味や類語!例文と解釈

皆さんは「手出し」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。

この言葉は、余計なお世話のような場面で使われる印象があるのですが、実際にはどのような場面で使われているのでしょうか? そこで今回は、この「手出し」にフォーカスして、その意味や使い方を調べていくことにします。

手出し

Meaning-Book
「手出し」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「手出し」とは?
  • 「手出し」の表現の使い方
  • 「手出し」を使った言葉と解釈
  • 「手出し」を使った例文と意味を解釈
  • 「手出し」の類語や類義語


「手出し」とは?

「手出し」とは、「相手に争いをしかけること」「余計な世話を焼くこと」という意味がある他に、「物事に手を出すこと」「物事に関係すること」というような意味合いを持っている言葉です。

何れの解釈でも「余計なお世話的な」ニュアンスがありそうです。

  • 「手出し」の読み方

「手出し」の読み方

「手出し」「てだし」と読みますが、難しい読み方ではないので、ここで確認しておくことにしましょう。



「手出し」の表現の使い方

「手出し」は、相手に争いをしかけること」、「余計な世話を焼くこと」という意味になりますが、こちらが何も望んでいないのに、勝手に向こうから世話を焼きに来たり、争い事をしてくる相手に対して使うことになります。

「手出し」を使った言葉と解釈

「手出し」を使った言葉の例を挙げて見ることにします。

  • 「手出しは無用」
  • 「手出しには及ばない」

「手出しは無用」

「手出し」を使う言葉の1つに「手出しは無用」という言い回しがあります。

「余計な協力は必要ない」という時に使う言い方で、よく時代劇などのセリフで聞くことがあります。

「手出しには及ばない」

「手出しに及ばない」という表現もありますが、「助けてもらうまでのことはない」という意味で「手助けは無用」と同じく「ヘルプしてもらう必要はありません」ということで使われます。



「手出し」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「手助け」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンを見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「手出し」を使った例文1
  • 「手出し」を使った例文2

「手出し」を使った例文1

「事業に手出しして失敗してしまい、全財産を失ってしまった」

この例文では、「必要でもない事業を始めてしまったことで、赤字になり個人の財産を全て無くしてしまった」ということを意味しています。

おそらく全く事業をやった経験のない素人同然の人が、始めて失敗をしたのでしょう。

事業で成功するためには、前以てしっかりと準備をしなくてはなりませんが、やるべきか止めておくべきかも、しっかりと考えておく必要があります。

「手出し」を使った例文2

「先に手出しした方が悪いのだから、お前がしっかりと反省するべきだ」

これは子供同士の喧嘩の後に、叱り飛ばしている場面のように思えます。

どちらが勝ったのか分かりませんが、先に「手出し」、すなわち「喧嘩をしかけて来た方」が悪いと言っています。

今ではこんなふうに他人の子供も含めて叱ることができる大人が減ってきました。

「手出し」の類語や類義語

「手出し」を他の言葉で言い換えるとするなら、他にどのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「関わり合う」【かかわりあう】
  • 「割り込む」【わりこむ】

「関わり合う」【かかわりあう】

「関わり合う」という言葉が「手出し」の類義語として扱うことができます。

「他人や他の事柄などと関係を持つ」という意味で使われています。

「割り込む」【わりこむ】

「割り込む」という言葉も類義語の1つに挙げることができますが、「無理に押し分けて入り込む」という意味があります。

その他に「取引相場で、相場がある値段より安くなる」という解釈もでき、株の相場制の成り行きで使われてもいます。

icon まとめ

「手出し」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、この言葉は、人の余計な動作で困るような場面で使われることが多そうです。

したがって、この言葉が当てはまりそうな時は、あまり関わることなく、静観しておくことも必要かもしれません。