意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「暇を見つける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日常会話で「暇を見つける」とはどの様な意味で使われる言葉なのでしょうか。

類語や例文なども併せて詳しく紹介します。

暇を見つける

Meaning-Book
「暇を見つける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「暇を見つける」とは?
  • 「暇を見つける」の表現の使い方
  • 「暇を見つける」を使った例文と意味を解釈
  • 「暇を見つける」の類語や類義語


「暇を見つける」とは?

「暇を見つける」の概要について紹介します。

  • 「暇を見つける」の読み方
  • 「暇を見つける」の意味
  • 「暇を見つける」の言葉の成り立ち

「暇を見つける」の読み方

「暇を見つける」「ひまをみつける」と読みます。

「暇」「いとま」とも読みますが、「いとま」は長期に渡るものであり、「見つける」は短時間のことを表すので「ひま」と読みます。

「暇を見つける」の意味

「暇を見つける」の意味は、「ものごとを進めていく間に少し空いた時間を探し出すこと」です。

何か連続した作業をしている時に、空いた時間になにかやりたいことがあり、そのきっかけを待ってタイミングよく得ることを言います。

「暇を見つける」の言葉の成り立ち

「暇を見つける」「暇+を(助詞)+見つける」で成り立っています。

「暇」とは「継続して行動している合間にできるわずかな時間」「自由にできる時間」「することのない時間」「休暇」「離縁」など、様々な意味があります。

「見つける」「発見する」「見出す」という意味です。

これらの言葉が組み合さり「忙しい合間に少しの時間を見出すこと」として使われています。



「暇を見つける」の表現の使い方

「暇を見つける」の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 人に対して使わない方が良い

文法的な使い方

「暇を見つける」は動詞としてそのまま使う他に、「暇を見つけて~した」と副詞としても使えます。

こちらの場合、意味は「暇を見て」と同じ様に「空いた時間を探して何らかの行動を取った」という意味ですが、「暇を見て」よりも「空き時間を作ろう」という積極性が高い意味になります。

人に対して使わない方が良い

「暇」という言葉はビジネスでは良い意味ではありません。

「暇=やることがない時間」ですので、人に対して使うと「そんな暇ではない」と不愉快に感じる人もいるでしょう。

特に事務の女性に対して「暇を見つけたらこれをやって」などと言わない様にしましょう。

「暇を見つける」を使った例文と意味を解釈

「暇を見つける」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「暇を見つける」を使った例文1
  • 「暇を見つける」を使った例文2

「暇を見つける」を使った例文1

「社長とゴルフの約束をしたけれども暇を見つけるのが大変だ」

ゴルフ好きの社長と話が合い、ゴルフに行く約束をしたものの、とても時間が取れないことを表しています。

「暇を見つける」を使った例文2

「出来る人は暇を見つけては机の片づけをしている」

優秀な人は、わずかな時間があれば机の片づけをしているので、常に整理整頓ができているという意味です。



「暇を見つける」の類語や類義語

「暇を見つける」の類語を紹介します。

  • 「空き時間を作る」【あきじかんをつくる】
  • 「手すき状態になる」【てすきじょうたいになる】

「空き時間を作る」【あきじかんをつくる】

「やることがない時間を見つける為に自分でやりくりすること」という意味です。

「手すき状態になる」【てすきじょうたいになる】

「特に急いですることのない時間帯ができること」という意味です。

icon まとめ

「暇を見つける」「ものごとを進めていく間に少し空いた時間を探し出すこと」という意味です。

仕事の合間に使ってみましょう。