意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ダブルブッキング」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「ダブルブッキング」は、意図して行う訳ではなく、結果的にそうなってしまったという場合がほとんどです。

Meaning-Book
「ダブルブッキング」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「ダブルブッキング」とは?
  • 「ダブルブッキング」の表現の使い方
  • 「ダブルブッキング」を使った例文と意味を解釈
  • 「ダブルブッキング」の類語や類義語


「ダブルブッキング」とは?

「ダブルブッキング」とは、「二重の約束をしてしまう」ことだと解釈してください。

よく使われるのは、指定席の座席やホテルの部屋の予約などに対してで、何かの間違いから二重の予約になってしまった時に、「ダブルブッキングしていた」のように使います。

実際にこのようなことがあると、どちらかに代わりの席や部屋などが必要になりますが、万が一のそのような場合の為に、指定席のある電車やホテルにはリザーブ(予備)としてそれらがいくつか用意されていることがほとんどです。



「ダブルブッキング」の表現の使い方

「ダブルブッキング」は、先のような物理的な場所などに対してだけでなく、約束自体にも使います。

例えば、友達との約束や仕事でのアポイントでそれをしてしまったなどとよく見聞きします。

二重の約束なので、「ダブル」としていますが、もしそれが三重だった場合には、「トリプルブッキング」と使います。

そんなことは意図して行わない限りまずないでしょうが、「ダブルブッキング」と共に覚えておいてください。

「ダブルブッキング」を使った例文と意味を解釈

「ダブルブッキング」を使った例文と、その意味の解釈です。

決していいことではなく、必ず後にそれなりの対応が必要になるでしょう。

  • 「ダブルブッキング」を使った例文1
  • 「ダブルブッキング」を使った例文2

「ダブルブッキング」を使った例文1

「レストランの予約がダブルブッキングしていたらしく、後からだったので取り消されてしまった」

ダブルブッキングしてしまった時には、このように後からの方を取り消すという対応になることがあります。

特定の列車の座席やホテルの部屋などといった、取り消されては大変な対象の場合には、先のように可能な限り代替が用意されているものですが、レストランとなると、代わりの席まではないかも知れません。

もちろん、二重に予約を受け付けてしまった方が悪いのは言うまでもありませんが、後からということもあり、そのような場合には諦めるしかないかも知れません。

「ダブルブッキング」を使った例文2

「飛行機で席がダブルブッキングして、お詫びに上のクラスの座席を用意してくれた」

上の例文では予約自体を取り消されてしまいましたが、こちらは本来の座席より上のクラスが代替として用意されたというケースです。

ダブルブッキングは、明らかにそのような予約を受け付けてしまった方が悪いので、そのようなことも珍しくありません。



「ダブルブッキング」の類語や類義語

「ダブルブッキング」と似た意味のある言葉です。

こちらで言い換えても構いませんが、「二重の約束」という意味であれば、あまり使わない方がいいでしょう。

  • 「オーバーブッキング」

「オーバーブッキング」

予定数より多く約束や予約などを受け付けてしまったという場合に使います。

定員が150人のところに155人受け付けてしまったような時に「5人ほどオーバーブッキングだ」のように使う言葉で、「ダブルブッキング」に対して使えなくもありませんが、無理にこちらを用いることはありません。

icon まとめ

「ダブルブッキング」は、これだけコンピューターを使った予約や受付が当たり前となっている世の中でも、まま発生してしまうことがあります。

そのような場合には、基本的に受け付けた側の指示に従うしかないのが実情ですが、絶対的にその相手の方が悪いので、もちろん怒るくらいはしてもいいでしょう。