意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「思うつぼ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「思うつぼ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「思うつぼ」という言葉を使った例文や、「思うつぼ」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「思うつぼ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「思うつぼ」とは?
  • 「思うつぼ」を使った例文や短文など
  • 「思うつぼ」の類語や類義語・言い換え


「思うつぼ」とは?

「思うつぼ」という言葉を知っているでしょうか。

「あいつの思うつぼだ」などという言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「思うつぼ」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「思うつぼ」という言葉の意味を紹介します。

  • 「思うつぼ」の読み方
  • 「思うつぼ」の意味

「思うつぼ」の読み方

「思うつぼ」「おもうつぼ」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「思うつぼ」「おもうつぼ」と読みましょう。

「思うつぼ」の意味

「思うつぼ」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「思うつぼ」には、「意図した状態」「たくらんだ通り」という意味があります。

「あいつの思うつぼだ」という時は、相手のたくらんだ通り、物事が進んでいるという意味があります。

このように「思うつぼ」という言葉には、「意図した状態」「たくらんだ通り」という意味があります。



「思うつぼ」を使った例文や短文など

続いて「思うつぼ」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「思うつぼ」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「思うつぼ」を使った例文1
  • 「思うつぼ」を使った例文2

「思うつぼ」を使った例文1

「父の好きなゴルフが趣味になり、父の『思うつぼ』だ」

この例文は、父親が好きなゴルフを、自分の趣味にした人の気持ちを文章にしたものです。

父親は、将来息子にゴルフ好きになってほしいと思っていたら、確かにたくらんだ通りで、「思うつぼ」と言えるでしょう。

「思うつぼ」を使った例文2

「落とし穴に入った敵の姿を見て、『思うつぼ』と感じる」

この例文は、合戦の時などに、落とし穴を作り、その穴に敵が入ったのを見て、「思うつぼ」と感じたという文章になります。

たくらんだ通りの結果になり、まさに「思うつぼ」と言えるでしょう。

「思うつぼ」の類語や類義語・言い換え

「思うつぼ」の類語や類似表現を紹介します。

「思うつぼ」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「手玉に取る」【てだまにとる】
  • 「翻弄する」【ほんろうする】

「手玉に取る」【てだまにとる】

「手玉に取る」には「手玉のようにもてあそぶこと」という意味があります。

また「人を思い通りに操ること」という意味もあります。

「彼女は男性を手玉に取る」「取引先を手玉に取る」などと言う使い方をします。

「翻弄する」【ほんろうする】

「翻弄する」には「思うままにもてあそぶ」という意味があります。

また「手玉に取る」という意味もあります。

「男性を翻弄する、小悪魔女性」などという使い方をします。



icon まとめ

「思うつぼ」という言葉について見てきました。

意図した状態になった時、たくらんだ通りに物事が進んだ時、「思うつぼ」という言葉を使ってみましょう。