意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「闇討ち」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「闇討ち」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「闇討ち」という言葉を使った例文や、「闇討ち」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「闇討ち」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「闇討ち」とは?
  • 「闇討ち」を使った例文や短文など
  • 「闇討ち」の類語や類義語・言い換え


「闇討ち」とは?

「闇討ち」という言葉を知っているでしょうか。

「闇討ちを掛ける」などという言い回しを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「闇討ち」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「闇討ち」という言葉の意味を紹介します。

  • 「闇討ち」の読み方
  • 「闇討ち」の意味

「闇討ち」の読み方

「闇討ち」「やみうち」と読みます。

「闇」「やみ」「討ち」「うち」と読みます。

これを機会に、「闇討ち」「やみうち」と読みましょう。

「闇討ち」の意味

「闇討ち」という言葉の意味を紹介します。

「闇討ち」には、「闇にまぎれて人を襲うこと」という意味があります。

また「不意を突いて攻撃すること」という意味もあります。

このように「闇討ち」という言葉には、「闇にまぎれて人を襲うこと」「不意を突いて攻撃すること」という意味があります。



「闇討ち」を使った例文や短文など

「闇討ち」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「闇討ち」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「闇討ち」を使った例文1
  • 「闇討ち」を使った例文2

「闇討ち」を使った例文1

「殺し屋が、ターゲットに『闇討ち』を仕掛ける」

この例文は、殺し屋が暗殺の依頼を受けた相手に、闇にまぎれて襲いかかる場面になります。

暗い場所で襲い掛かられ場合は、暗殺行為を防ぎにくく、また油断している可能性も高いためです。

「闇討ち」を使った例文2

「兵力が圧倒的に上の軍勢を倒すため、『闇討ち』をする」

この例文は、戦力が圧倒的な軍勢と戦う時、まともに戦っても勝てないため、闇にまぎれて襲おうとしている場面になります。

闇夜に隠れて軍勢を率い、敵が油断している時に襲い掛かれば、少数の軍勢でも勝てるかもしれません。

織田信長が世に出るきっかけになった、桶狭間の戦いも、このような「闇討ち」だったと言われています。

「闇討ち」の類語や類義語・言い換え

「闇討ち」の類語や類似表現を紹介します。

「闇討ち」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「不意を突く」【ふいをつく】
  • 「抜き打ち」【ぬきうち】

「不意を突く」【ふいをつく】

「不意を突く」には、「相手が予想していないことをすること」という意味があります。

例えば喧嘩を仕掛ける時、相手がまるで予想していないタイミングを狙って仕掛ける時、「不意を突く」と言います。

「抜き打ち」【ぬきうち】

「抜き打ち」には、「刀を抜くと同時に切りつけること」という意味があります。

また「予告なしに物事を唐突にすること」という意味もあります。

「抜き打ち試験」は、生徒に予告せずに、唐突に試験をするという意味になります。



icon まとめ

「闇討ち」という言葉について見てきました。

闇にまぎれて人を襲う行為を見た時、不意を襲う様子を見た時などに、「闇討ち」という意味を使ってみましょう。