意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「愛情を注ぐ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは、自分の周りに1人や2人くらいは「愛情を注ぐ」べき人がいるかもしれません。

この言葉は人の情愛を示した言葉として色々な場面で使われていますが、使い方によっては良い意味合いになったり、マイナス的な意味で捉えられることもあります。

そこでここでは、この「愛情を注ぐ」という言葉について見ていくことにします。

Meaning-Book
「愛情を注ぐ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「愛情を注ぐ」とは?
  • 「愛情を注ぐ」の表現の使い方
  • 「愛情を注ぐ」を使った例文と意味を解釈
  • 「愛情を注ぐ」の類語や類義語


「愛情を注ぐ」とは?

「愛情を注ぐ」とは、「ひたすらに大事に思うさま」「愛しむ心を向けるさま」などを意味している言葉となります。

  • 「愛情を注ぐ」の読み方

「愛情を注ぐ」の読み方

「愛情を注ぐ」「あいじょうをそそぐ」という読み方になりますので、ここできちんと覚えておくようにしましょう。



「愛情を注ぐ」の表現の使い方

「愛情を注ぐ」「ひたすらに大事に思うさま」という意味になるので、自分にとってかけがえのない大切な人を思う時に使われることになります。

「愛情を注ぐ」対象としては、家族や恋人がいますが、時として仕事の後輩など目下の人を大切に育てるようなケースでも、使われることがあります。

「愛情を注ぐ」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「愛情を注ぐ」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「愛情を注ぐ」を使った例文1
  • 「愛情を注ぐ」を使った例文2

「愛情を注ぐ」を使った例文1

「親がさちゃんと子供に愛情を注いでいれば、子供だって変なことはしないはずだ。あの子供が世間を騒がすようなことをしたのは、愛情不足だったのかもしれない」

世の中には色々な事件・事故が起きていますが、そのような犯罪に手を染めている人の生い立ちを見ると、幼い頃に親から満足な「愛情を注がれて」いなかったことが原因とされることが少なくありません。

小さい時に、「愛情を注がれた」人であれば、とても優しい人として育つはずだからです。

「愛情を注ぐ」を使った例文2

「あれだけ可愛いがっていた娘にも、愛情を注ぐような態度はしなくなっていた私です」

幼い頃にとても深い「愛情を注ぐ」ことをしていた「私」が、どうして娘を可愛く思わないようになったのでしょうか?

この例文からでは推測することがとても難しいのですが、もしかすると自分の思い描いていたように成長しなかったからかもしれません。

しかし、それはあくまで親の思いであり、エゴのようにも思えます。

本当なら娘さんに自我が目覚め、1人で生きていくことができるように大きくなったことを喜ぶべきだと思います。



「愛情を注ぐ」の類語や類義語

「愛情を注ぐ」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「溺愛する」【できあいする】
  • 「盲愛する」【もうあい】

「溺愛する」【できあいする】

「溺愛する」という言葉が「愛情を注ぐ」の類義語としてありますが、「むやみに可愛いがること」という意味になります。

「盲愛する」【もうあい】

「盲愛」という言葉もあります。

「見境なく可愛がること」「やたらと可愛がること」という意味で「溺愛」と同じくあまりにも大事にし過ぎることで、その人の成長を阻害してしまうことがあります。

icon まとめ

「愛情を注ぐ」という言葉を耳にすると、相手に深い愛情を持って接したり、育てる印象を覚えます。

しかし、それが1人よがりにならないように注意する必要もあるでしょう。