意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「残像が残る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「残像が残る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「残像が残る」という言葉を使った例文や、「残像が残る」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「残像が残る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「残像が残る」とは?
  • 「残像が残る」を使った例文や短文など
  • 「残像が残る」の類語や類義語・言い換え


「残像が残る」とは?

「残像が残る」という言葉を知っているでしょうか。

「映画館を出ても、残像が残った」という経験があるかもしれません。

一方で、「残像が残る」という言葉を、まるで知らないという人もいるでしょう。

そこで「残像が残る」という言葉の意味を紹介します。

  • 「残像が残る」の読み方
  • 「残像が残る」の意味

「残像が残る」の読み方

「残像が残る」「ざんぞうがのこる」と読みます。

「残像」「ざんぞう」「残る」「のこる」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

「残像が残る」の意味

「残像が残る」という言葉の意味を紹介します。

「残像が残る」には、「外部刺激が無くなった後にも残る、感覚や現象のこと」という意味があります。

特に映像が消えたのに、視界に画像が残っている様子を、「残像が残る」と言います。

このように「残像が残る」には、「外部刺激が無くなった後にも残る、感覚や現象のこと」という意味があります。



「残像が残る」を使った例文や短文など

「残像が残る」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「残像が残る」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「残像が残る」を使った例文1
  • 「残像が残る」を使った例文2

「残像が残る」を使った例文1

「テレビを切って、すぐに布団に入ると、『残像が残る』」

この例文は、布団の中に入って目を閉じても、先ほどまで見ていたテレビの映像が目の前にあるような状態を文章にしたものです。

このように、先ほどまでの外部刺激が、脳に残って「残像が映る」ことがあります。

このような状態を「残像が残る」と言います。

「残像が残る」を使った例文2

「初恋の思い出が『残像が残っている』ように思い出せる」

この例文は「残像が残る」という言葉を、比喩表現として使っています。

初恋の思い出が、まるで残像のようにはっきりと見えるようだと、この文章に登場する人は行っています。

本当は何年も残像が残ることはありませんが、そのようだと、比喩表現として「残像が残る」を使っています。

「残像が残る」の類語や類義語・言い換え

「残像が残る」の類語や類似表現を紹介します。

「残像が残る」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「幻影」【げんえい】
  • 「イメージ」【いめーじ】

「幻影」【げんえい】

「幻影」には、「まぼろし」という意味や、「実際にはないものが、あるように見える、思えること」という意味があります。

「イメージ」【いめーじ】

「イメージ」には「心に思い浮かべる姿や情景、心の中に思い描くこと」という意味があります。

また「ある物事について抱く全体的ない感じ」という意味もあります。

「イメージが湧く」「イメージ通り」などという使い方をします。



icon まとめ

「残像が残る」という言葉について見てきました。

視覚などに対する外部刺激が去った後も、画像や映像が見えるような時、「残像が残る」という言葉を使ってみましょう。