意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「情を掛ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは他の人に「情を掛ける」ことをしている人を見てどのように感じるでしょうか?

この「情を掛ける」という言葉は、日頃の生活や活動の場面・ビジネスシーンでも時折耳にすることがある表現です。

今回は、この「情を掛ける」について見ていきたいと思います。

情を掛ける

Meaning-Book
「情を掛ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「情を掛ける」とは?
  • 「情を掛ける」の表現の使い方
  • 「情を掛ける」を使った例文と意味を解釈
  • 「情を掛ける」の類語や類義語


「情を掛ける」とは?

「情を掛ける」とは、「哀れみを含んだ言葉を掛ける」「労る(いたわる)」「可愛いがる」「哀れんで助けてやる」という意味を表現した言葉です。

  • 「情を掛ける」の読み方

「情を掛ける」の読み方

「情を掛ける」「なさけをかける」という読み方になりますが、「情」「じょう」と読まないように注意しましょう。



「情を掛ける」の表現の使い方

「情を掛ける」は、「哀れんで助けてやる」という意味があるので、困った相手に救いの手を差しのべる時に使われそうです。

この言葉は、立場の弱い人・力の弱い人などに対して使われることになります。

「情を掛ける」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「情を掛ける」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「情を掛ける」を使った例文1
  • 「情を掛ける」を使った例文2

「情を掛ける」を使った例文1

「彼が人に情けを掛ける時は、必ず何かしらの魂胆があるはずだ。決して相手に心を開かないようにしなくてはならない」

普通なら「情を掛ける」ことができる人は、とても良く評されそうなのですが、この例文に出てくる「彼」は、かなり信頼されていないことが伺えます。

相手に「情を掛ける」見返りとして何かを期待している打算的なことがあるからでしょう。

しかし、物事の多くはこのようにギブアンドテイクの世界が当たり前と思う方が普通かもしれません。

「情を掛ける」を使った例文2

「敵に情けを掛けることは昔の時代ならよくあったことだが、そのような考え方は現代社会ではもはや通用はしないだろう」

戦国時代では、命がけの戦いが繰り広げられていましたが、そのように殺伐とした環境にあっても、敵に「情を掛ける」ということがありました。

しかし、今の時代はとても平和で命を落とすような仕事はそんなに多くはないでしょう。

その反面、困った相手に「情を掛ける」人が少なくなったり、そのような考え自体が否定される背景には、他人を思いやる心のゆとりが失われているような気がしてなりません。



「情を掛ける」の類語や類義語

「情を掛ける」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「恵んでやる」【めぐんでやる】
  • 「手加減する」【てかげんする】

「恵んでやる」【めぐんでやる】

「恵んでやる」が類義語の1つとして扱うことができ、「相手に利益を与えること」という意味で使われています。

「手加減する」【てかげんする】

「手加減する」も類義語の1つですが、「物事を都合よく調節すること」「物事を厳しく扱わずその場の状況に応じて適宜に計らう」「手心を加える」「相手を押さえ気味に扱うこと」という意味を持つ言葉です。

icon まとめ

「情を掛ける」という言葉を見ていくと、現代社会は心のゆとりを失っている時代かもしれません。

それだからこそ、この気持ちを大切に思うことが必要なのだと思います。