意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「次に繋がる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「次に繋がる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「次に繋がる」という言葉を使った例文や、「次に繋がる」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「次に繋がる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「次に繋がる」とは?
  • 「次に繋がる」を使った例文や短文など
  • 「次に繋がる」の類語や類義語・言い換え


「次に繋がる」とは?

「次に繋がる」という言葉を知っているでしょうか。

「次に繋がるような仕事をする」と誓ったことがあるかもしれません。

一方で、「次に繋がる」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「次に繋がる」という言葉の意味を紹介します。

  • 「次に繋がる」の読み方
  • 「次に繋がる」の意味

「次に繋がる」の読み方

「次に繋がる」「つぎにつながる」と読みます。

「次に」「つぎに」「繋がる」「つながる」と読みます。

これを機会に、「次に繋がる」「つぎにつながる」と読みましょう。

「次に繋がる」の意味

「次に繋がる」という言葉の意味を紹介します。

「次に繋がる」には、「次の機会まで、途切れないで、同じ状態が保たれる」という意味があります。

「次回まで継続する」という意味もあります。

「次に繋がるような仕事」は、その仕事を終えた後も、同じ状態が保たれるような、良い仕事をしたいという意味があります。

このように、「次に繋がる」という言葉には、「次の機会まで途切れないで、同じ状態が保たれる」「次回まで継続する」という意味もあります。



「次に繋がる」を使った例文や短文など

「次に繋がる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「次に繋がる」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「次に繋がる」を使った例文1
  • 「次に繋がる」を使った例文2

「次に繋がる」を使った例文1

「『次に繋がる』デートにしたいと誓う」

この例文は、デートができる立場でありつつ、まだ完全なカップルとは言えない人の心を文章にしたものです。

デートは毎回勝負で、次回のデートの誘いを断られないよう、努力をしている様子が伝わります。

このように、次回まで同じ関係を続けられることを「次に繋がる」と言います。

「次に繋がる」を使った例文2

「飲食店のマスターが『次に繋がる』接客を試みる」

この例文は、お客さんが次回以降も来てくれるよう、「次に繋がる」積極をしている場面になります。

お客さんがリピーターになってくれるよう、魅力的な接客をすることが大切かもしれません。

「次に繋がる」の類語や類義語・言い換え

続いて「次に繋がる」の類語や類似表現を紹介します。

「次に繋がる」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「継続」【けいぞく】
  • 「連鎖」【れんさ】

「継続」【けいぞく】

「継続」には「以前から実行していることを、そのまま続けること」という意味があります。

「継続して仕事をする」という時は、前からしている仕事をそのまま続けるという意味になります。

「連鎖」【れんさ】

「連鎖」という言葉には、「連なり、続くこと、物が繋がってお互いに関わり合うこと」という意味があります。

「事件が連鎖する」という時は、初めの事件と次の事件が、繋がっているという意味になります。



icon まとめ

「次に繋がる」という言葉について見てきました。

何かが次の機会まで同じように続いている様子を見た時などに、「次に繋がる」という言葉を使ってみましょう。