意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「連鎖」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「連鎖」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「連鎖」という言葉の理解を深めていきましょう。

連鎖

Meaning-Book
「連鎖」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「連鎖」とは?
  • 「連鎖」の表現の使い方
  • 「連鎖」を使った例文と意味を解釈
  • 「連鎖」の類語や類義語


「連鎖」とは?

「連鎖」とは、連なり、続くことです。

物が繋がって、お互いに関わり合うことを言います。

  • 「連鎖」の読み方

「連鎖」の読み方

「連鎖」と書いて「れんさ」と読みます。



「連鎖」の表現の使い方

「連鎖」とは繋がった鎖という意味と、連なり、続くこと、物が繋がってお互いに関わり合うことといった意味と二通りあります。

例えば、一つの出来事から、次々に関連した出来事が起こることなどは「連鎖反応」と言ったりします。

またチェーンストアのことを日本語で言うと「連鎖店」となります。

「連鎖」を使った例文と意味を解釈

それでは「連鎖」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「連鎖」を使った例文1
  • 「連鎖」を使った例文2

「連鎖」を使った例文1

「悪いことほど、連鎖していくものだから、ここで食い止めないといけないよ」

「連鎖」とは連なり、続くことを言います。

悪いことが起こり、次々と関連して悪いことが起こることを「連鎖」という言葉で言い表すことができます。

「連鎖」を使った例文2

「あの人たちとこれ以上関わりたくないと、私は心の中で負の連鎖を断ち切った」

「連鎖」とは物が繋がり、お互いに関わり合っていることを言います。

関係性のことは「連鎖」と言い換えることもできます。

しかしこれ以上関わりを持ちたくないというのであれば「連鎖を断ち切る」という言葉で表現することができます。



「連鎖」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「連鎖」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「結びつき」【むすびつき】
  • 「因縁」【いんねん】
  • 「コネクション」

「結びつき」【むすびつき】

「結びつき」とは関わり合い、関係という意味で使います。

「あの二人、どこでどうやって結びついた?」「あの結びつきは、ただの表面上のことで本心は違うようだ」「固い結びつき」などと使います。

「因縁」【いんねん】

「因縁」とは前々からの関係、縁のことを言います。

「これも何かの因縁だと諦めるよりないだろう」「このような、因縁が恨めしい」などと使います。

「コネクション」

「コネクション」とは「コネ」のことであり、手づるとして利用する縁故関係、繋がりのことを言います。

「コネクションによる就職」「彼は、常にコネクションに頼って、自力では何もしていない」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「連鎖」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「連鎖」とは繋がった鎖のこと、そして連なり続くこと、繋がりお互いに関わり合っていることといった意味があります。

どの意味合いであるかは、会話、文章の前後に注意していれば、判断は簡単にできることでしょう。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。