意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見つめる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「見つめる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「見つめる」という言葉を使った例文や、「見つめる」の類語を紹介して行きます。

見つめる

Meaning-Book
「見つめる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「見つめる」とは?
  • 「見つめる」を使った例文や短文など
  • 「見つめる」の類語や類義語・言い換え


「見つめる」とは?

「見つめる」という言葉を知っているでしょうか。

「好きな異性を見つめた」経験があるかもしれません。

一方で、「見つめる」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「見つめる」という言葉の意味を紹介します。

  • 「見つめる」の読み方
  • 「見つめる」の意味

「見つめる」の読み方

「見つめる」「みつめる」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「見つめる」「みつめる」と読みましょう。

「見つめる」の意味

「見つめる」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「見つめる」には、「目を他に向けないで、その物をじっと見る」という意味があります。

「好きな異性を見つめた」という言葉には、「好きな異性だけをじっと見る」という意味があります。

このように「見つめる」という言葉には「目を他に向けないで、その物をじっと見る」という意味があります。



「見つめる」を使った例文や短文など

続いて「見つめる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「見つめる」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「見つめる」を使った例文1
  • 「見つめる」を使った例文2

「見つめる」を使った例文1

「真剣な目つきで、試合を『見つめる』監督」

この例文は試合の展開をじっくりと見ている監督の姿を、文章にしたものです。

試合以外には目もくれず、選手たちのプレーや、試合の流れなどを集中して見ています。

「見つめる」を使った例文2

「自分を『見つめる』異性は、自分のことを好きなのか気になる」

この例文のように、気が付くと目が合う異性の心の中を知りたい人もいるでしょう。

もしかしたら、自分に恋心を持っているのかもしれないためです。

実際に相手を「見つめる」行為は、好きのサインの一つと言われています。

「見つめる」の類語や類義語・言い換え

「見つめる」の類語や類似表現を紹介します。

「見つめる」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「見守る」【みまもる】
  • 「見入る」【見入る】には

「見守る」【みまもる】

「見守る」という言葉には、「無事であるように注意しながら見る」という意味があります。

「子供の成長を見守る」という時は、子供が無事に大人になって行く様子を、注意しながら見るという意味があります。

「見入る」【見入る】には

「見入る」には「気を付けて見る」「じっと見つめる」という意味があります。

素敵な絵画などは、じっと見つめてしまうため、「絵画に見入る」などと表現できます。



icon まとめ

「見つめる」という言葉について見てきました。

なにかをじっと見続ける様子を、言葉にしたい時、「見つめる」という言葉を使ってみましょう。