意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「当たり前」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「当たり前」は、年代を問わず使われる言葉で、見聞きしたことがない人は居ないでしょう。

Meaning-Book
「当たり前」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「当たり前」とは?
  • 「当たり前」の表現の使い方
  • 「当たり前」を使った例文と意味を解釈
  • 「当たり前」の類語や類義語


「当たり前」とは?

「当たり前」とは、「それが普通」だと表す為の言葉です。

多くの場合、「その通り」「そうでなくてはいけない」といったニュアンスで使われます。

冒頭のように、年代を問わず広く使われている言葉ですが、少々くだけた表現になる為、公的な場やビジネスでは以下で紹介する類語の少し堅くした言葉に言い換えた方がいいでしょう。



「当たり前」の表現の使い方

「当たり前」は、世間的に考えてそれが普通だという意味で使いますが、その人がそう考えているだけで、実際にはそうでもないということもあるので注意が必要です。

例えば、「そんなのは当たり前だ」と言われたとしても、本当にそうだとは限らない為、盲目的に信じてしまうのは危険です。

また、逆に自分が使う場合にも、そうだと言い切ってしまうと、もし間違っていた(そうではない場合もある)時に困る場合があると考えておきましょう。

よって、簡単な意味の言葉ながら、使い所には気を付けないといけません。

「当たり前」を使った例文と意味を解釈

「当たり前」を使った例文と、その意味の解釈です。

そこまでそうだとは言い切っていない使い方も挙げていきます。

  • 「当たり前」を使った例文1
  • 「当たり前」を使った例文2

「当たり前」を使った例文1

「できて当たり前だと言われてしまったが、自分には難しかった」

その人にとっては当たり前で、ごく普通にできることでも、人には難しい場合もあります。

間違って使っている訳ではありませんが、人によってこの「当たり前」の基準は違うものです。

「当たり前」を使った例文2

「知っていて当たり前とまでは言わないが、普通に考えれば分かると思う」

そこまで言い切っていない使い方の例になります。

ですが、この使い方では「こんなことも知らないのか」という含みになってしまう為、いい使い方でもありません。

親しい仲でもないと、このような使い方はあまりしない方がいいでしょう。



「当たり前」の類語や類義語

「当たり前」と同様の意味の言葉です。

先に挙げた少し堅い言い方になります。

  • 「当然」【とうぜん】
  • 「常識」【じょうしき】

「当然」【とうぜん】

「当たり前」は、この言葉で言い換えることができます。

公的な場やビジネスで使う時にはこちらの方が向いています。

「それは当たり前ですが~」と使うより、「それは当然ですが~」とした方がビジネス向きです。

「常識」【じょうしき】

こちらも「当たり前」の言い換えになりますが、強い肯定の意になる言葉の為、使う際には「当たり前」以上に慎重に用いる必要があります。

「そんなことは常識だ」と使った場合、知らないことを馬鹿にしている(本人がそう意図して使った訳ではなくても)ことになってしまう場合があるからです。

icon まとめ

「当たり前」は、意味も使い方も簡単な言葉ですが、慎重な使い方が求められる言葉でもあると覚えておきましょう。