意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「思い出す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「思い出す」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「思い出す」という言葉を使った例文や、「思い出す」の類語を紹介して行きます。

思い出す

Meaning-Book
「思い出す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「思い出す」とは?
  • 「思い出す」を使った例文や短文など
  • 「思い出す」の類語や類義語・言い換え


「思い出す」とは?

「思い出す」という言葉を知っているでしょうか。

「昨日の夕食の内容を、思い出す」ことがあるかもしれません。

一方で、「思いだす」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「思い出す」という言葉の意味を紹介します。

  • 「思い出す」の読み方
  • 「思い出す」の意味

「思い出す」の読み方

「思い出す」「おもいだす」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「思い出す」「おもいだす」と読みましょう。

「思い出す」の意味

「思い出す」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「思い出す」には、「以前会ったことを、心に蘇らせること」という意味があります。

「昨日の夕食を思い出す」という時は、昨日何を食べたのか、料理の内容などを心に蘇らせることを言います。

また「思い始める」という意味もあります。

このように「思い出す」という言葉には、「以前会ったことを、心に蘇らせること」「思い始める」という意味があります。



「思い出す」を使った例文や短文など

次に「思い出す」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「思い出す」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「思い出す」を使った例文1
  • 「思い出す」を使った例文2

「思い出す」を使った例文1

「冷静になると、彼の言い分が正しかったと『思い出す』」

この例文の「思い出す」には「思い始める」という意味があります。

頭に血が上っていた時は、彼が間違っていると感じていた人も、冷静になれば考えが変わるかもしれません。

「彼が正しかった」と思い始める時、「彼が正しかったと思い出す」と表現できます。

「思い出す」を使った例文2

「忘れていた少年時代の様子を『思い出す』」

この例文は、故郷などを訪れて、それまで頭の中になかった少年時代の風景が蘇った様子を文章にしたものです。

この例文のようにふとした瞬間、過去に経験したことを「思い出す」かもしれません。

「思い出す」の類語や類義語・言い換え

「思い出す」の類語や類似表現を紹介します。

「思い出す」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「回顧」【かいこ】
  • 「回想」【かいそう】

「回顧」【かいこ】

「回顧」には「過ぎ去ったことを、思い起こすこと」という意味があります。

「少年時代を回顧する」という時は、少年時代に起こった出来事を、心に思い起こすことという意味があります。

「回想」【かいそう】

「回想」には、「かつて経験したことを思い巡らすこと」という意味があります。

「初恋を回想する」という時は、初恋の相手のことや、初デートのことなどを思い巡らすという意味があります。



icon まとめ

「思い出す」という言葉について見てきました。

以前会ったことを心に蘇らせる時、思い始める時に、「思い出す」という言葉を使ってみましょう。