意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「的外れ」とは?意味や類語!例文と解釈

皆さんは「的外れ」という言葉を耳にしたことがあるかと思います。

この言葉は、ビジネスシーンで人を指して使うとことが多い表現です。

日常的な生活シーンでも時々聞こえてくることもありますが、仕事をしている人にとっては、常に意識しておきたい言葉かもしれません。

今回は、この「的外れ」について考察していくことにします。

Meaning-Book
「的外れ」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「的外れ」とは?
  • 「的外れ」の対義語
  • 「的外れ」の表現の使い方があります。

  • 「的外れ」を使った例文と意味を解釈
  • 「的外れ」の類語や類義語


「的外れ」とは?

「的外れ」とは、「大事な点を押さえていないこと」「見当違い」という意味を持つ言葉です。

  • 「的外れ」の読み方

「的外れ」の読み方

「的外れ」「まとはずれ」という読み方をしますので、ここで正確に読めるように確認しておいてください。



「的外れ」の対義語

「要点を正確に押さえていない」という意味を持つ「的外れ」の対義語としては、「的確」という言葉があります。

「的を得ている」とも言い換えることができる「的確」ですが、 「的を外さず確かなこと」「物事の真相を突いていて正確なこと」という意味になります。

「的外れ」の表現の使い方があります。

「的外れ」「大事な点を押さえていないこと」という意味を持っていますので、会議や質疑応答の場面で、話の流れとは全く違うことを言ったり、解答するような人を指して使われることになります。



「的外れ」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「的外れ」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしていくことにしましょう。

  • 「的外れ」を使った例文1
  • 「的外れ」を使った例文2

「的外れ」を使った例文1

「彼は会議中で、よく的外れなことを発言するので、打ち合わせの趣旨をキチンと理解していないのかもしれない」

この例文に見るような人が自分の職場にもいるかもしれません。

「的外れ」なことを言う人は、メンバーが考えているような一般的な考え方とは異なる意見を持っていることがあります。

そのために会議に出席している人達が考えている意見と食い違った意見になることも珍しくはありません。

そのような場合は、「的外れな意見しか言えない人間」と煙たがらずに耳を傾けて、その人の意見の真意を図ってみることも必要です。

もしかすると、新たな発見がいるかもしれません。

「的外れ」を使った例文2

「的外れな人は、今と話している話題と全く違う話をし始めて、その場の空気が読めない人が多いので、コミュニケーション能力が不足しているというイメージがあります」

「的外れ」な人は、話すタイミングが全く合っていなかったり、周りが言いづらいことでも、気せずに言ってしまったりと常に「的外れ」なことをしてしまいます。

「的外れ」の類語や類義語

「的外れ」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「とんちんかん」【とんちんかん】
  • 「ピントがずれる」【ぴんとがずれる】

「とんちんかん」【とんちんかん】

「あいつは、いつもとんちんかんなことを言ってるな」というような場面で出てくる「とんちんかん」「的外れ」の類義語として挙げることができます。

「問題におけるテーマとは、全く関連性がないこと」という意味がある表現が使われています。

「ピントがずれる」【ぴんとがずれる】

「ピントがずれる」と言い回しも「的外れ」に近い意味を持っている類義語の1つでしょう。

「物事の重要な点が捉えられていないこと」という意味で、人とのコミュニケーションの中で、全く流れとは違った見当違いのことを言っている人を指して使われます。

icon まとめ

「的外れ」という言葉について、その意味や使い方を紹介してきましたが、この記事を読んで、自分の周りでも当てはまる人がいることを思い浮かべた人もいるかもしれません。

「的外れ」なことを言ったり、行動する人は、周り乃人から見ると、一見変な人に感じるかもしれませんが、もしかしてとてつもなくすごいことを考えているのかもしれません。