意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「身元が割れる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「身元が割れる」とは、「どこの誰であるのかが分かること」を意味する言葉です。

「身元が割れる」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や類義語」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「身元が割れる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「身元が割れる」とは?
  • 「身元が割れる」の表現の使い方
  • 「身元が割れる」を使った例文と意味を解釈
  • 「身元が割れる」の類語や類義語


「身元が割れる」とは?

「身元が割れる」とは、「どこの誰であるのかが明らかになること」「氏名・住所・勤務先・経歴・生まれなどが分かること」を意味しています。

「身元が割れる」「身元」とは「その人物の氏名・出生・経歴などの素性(すじょう)、その人物の個人情報」を意味していて、「割れる」とは「隠れていたものが明らかになること・秘密などが分かること」を意味しているのです。

  • 「身元が割れる」の読み方

「身元が割れる」の読み方

「身元が割れる」の読み方は、「みもとがわれる」になります。



「身元が割れる」の表現の使い方

「身元が割れる」の表現の使い方は、「その人の氏名・出自・経歴・家族・勤務先などが明らかになった時」に使うという使い方になります。

例えば、「プライベートで秘密の多かった彼の身元が割れました」といった文章で、「身元が割れる」の表現を適切に使用することができます。

「身元が割れる」を使った例文と意味を解釈

「身元が割れる」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「身元が割れる」を使った例文1
  • 「身元が割れる」を使った例文2

「身元が割れる」を使った例文1

「彼女は過去の横領背任の犯罪を隠しながら生活していましたが、身辺調査によって身元が割れることになりました」

この「身元が割れる」を使った例文は、「彼女は過去の横領背任の犯罪を隠しながら生活していたが、身辺調査によって過去の犯罪の事実や今までの履歴が明らかになった」ということを意味しています。

「身元が割れる」を使った例文2

「身元が割れて困るようなことは何もございませんので、私について知りたければいくらでも気が済むまで詳しく調べてもらって構いません」

この「身元が割れる」を使った例文は、「どこの誰であるのかが分かっても困るようなことは何もないので、私について知りたければいくらでも気が済むまで詳しく調べてもらって構わない」ということを意味しています。



「身元が割れる」の類語や類義語

「身元が割れる」の類語・類義語について、分かりやすく説明します。

  • 「面が割れる」【めんがわれる】
  • 「素性が知れる」【すじょうがしれる】

「面が割れる」【めんがわれる】

「面が割れる」という表現は、顔が分かるということから「氏名・住所・身元などが明らかになること」「どこの誰であるかが分かること」を意味しています。

その意味から、どこの誰であるのかが分かる「身元が割れる」とほとんど同じ意味を持つ類語(シソーラス)として、「面が割れる」を上げられます。

「素性が知れる」【すじょうがしれる】

「素性が知れる」という表現は、「その人がどこの誰であるのかが分かること」「氏名・生まれ育ち・家柄・履歴などが分かること」を意味しています。

それらの意味から、その人の氏名・住所・経歴などが分かることを示す「身元が割れる」と近しい類似の意味を持つ類義語として、「素性が知れる」という表現を指摘できるのです。

icon まとめ

「身元が割れる」という言葉について解説しましたが、「身元が割れる」には「どこの誰であるのかが分かること」などの意味があります。

「身元が割れる」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「面が割れる」「素性が知れる」などがあります。

「身元が割れる」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。