意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見込み違い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「見込み違い」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「見込み違い」という言葉の理解を深めていきましょう。

見込み違い

Meaning-Book
「見込み違い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「見込み違い」とは?
  • 「見込み違い」の表現の使い方
  • 「見込み違い」を使った例文と意味を解釈
  • 「見込み違い」の類語や類義語


「見込み違い」とは?

「見込み違い」とは見込み通りにならないということで、見込み外れとも言います。

  • 「見込み違い」の読み方

「見込み違い」の読み方

「見込み違い」と書いて「みこみちがい」と読みます。



「見込み違い」の表現の使い方

「見込み違い」とは見込み通りにならないことを言います。

将来について自分がこうなるであろうと期待していたことが、駄目になった時などに「私の見込み違いだった」などと言うのです。

「見込み違い」を使った例文と意味を解釈

それでは「見込み違い」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「見込み違い」を使った例文1
  • 「見込み違い」を使った例文2

「見込み違い」を使った例文1

「子どもに期待して、見込み違いだったと怒るのは親の自分勝手だ」

親が子どもの将来に期待するのはよくあることですが、親の思った通りの道を選ばなかった時に「見込み違い」と言って怒る親はいます。

しかしそれは親の自分勝手な押し付けでもあるのです。

「見込み違い」を使った例文2

「彼を信頼していたが、どうやら私の見込み違いだった」

仕事を真面目にしてくれるだろう、協力してくれるだろうなど、何かしら役に立つと思っていたのに、そうではなかったという時に「見込み違い」という言葉で残念な気持ちを言い表すことができます。

しかし、ある意味失礼な言葉でもありますので相手に直接言うことは通常は少ないでしょう。



「見込み違い」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「見込み違い」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「誤算」【ごさん】
  • 「期待外れ」【きたいはずれ】

「誤算」【ごさん】

「誤算」とは誤った計算のことで、見込みに誤りがあった時に使う言葉でもあります。

「見込み違い」と同じ意味となります。

「この計画には重大な誤算があったようだ」「あいつが実は仕事ができるというのは誤算だった、こちらの不正に勘づかれてしまったぞ」などと使います。

「期待外れ」【きたいはずれ】

「期待外れ」とは期待していたことが、その通りにならなかったり、まったく違うことになった時などに使う言葉です。

「楽しみにしていたのに、まったく期待外れな映画だったな」「新作が出たけれど、期待外れよ」という風に使います。

人に対して使うこともありますが、直接面と向かって言うのは非常に失礼なことになりますので気をつけましょう。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「見込み違い」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「見込み違い」とは見込んだ通りにならないこと、見込みが外れることを言います。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。