意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「先手を取る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「先手を取る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「先手を取る」という言葉を使った例文や、「先手を取る」の類語を紹介して行きます。

先手を取る

Meaning-Book
「先手を取る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「先手を取る」とは?
  • 「先手を取る」を使った例文や短文など
  • 「先手を取る」の類語や類義語・言い換え


「先手を取る」とは?

「先手を取る」という言葉を知っているでしょうか。

試合などで「先手を取る」場面を思い出した人もいるでしょう。

一方で、「先手を取る」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「先手を取る」という言葉の意味を紹介します。

  • 「先手を取る」の読み方
  • 「先手を取る」の意味

「先手を取る」の読み方

「先手を取る」「せんてをとる」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「先手を取る」「せんてをとる」と読みましょう。

「先手を取る」の意味

「先手を取る」という言葉の意味を紹介します。

「先手を取る」には、「競争相手より先に行動を起こすこと」という意味があります。

また「先に叩くこと」という意味もあります。

試合などで「先手を取る」時は、相手に先制攻撃を加えるなど、先に叩く意味があります。

このように、「先手を取る」という言葉には、「競争相手より先に行動を起こすこと」「先に叩くこと」という意味もあります。



「先手を取る」を使った例文や短文など

「先手を取る」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「先手を取る」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「先手を取る」を使った例文1
  • 「先手を取る」を使った例文2

「先手を取る」を使った例文1

「プレゼン相手の『先手を取り』、現地に調査に行く」

この例文はプレゼンで競っている相手に勝つため、プレゼンの舞台となる現場に先に行くという意味があります。

このように、ライバルに競争で勝つために、先に動き出す時、「先手を取る」と言います。

「先手を取る」を使った例文2

「将棋の勝負で『先手を取る』と有利になる」

将棋の世界で「先手を取る」という言葉を使うと「主導権を取る」という意味になります。

先に攻撃を仕掛けて、自分のペースで試合を進められると、有利なまま終盤を迎えられます。

勝つ可能性も高くなるでしょう。

「先手を取る」の類語や類義語・言い換え

「先手を取る」の類語や類似表現を紹介します。

「先手を取る」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「先制する」【せんせいする】
  • 「機先を制する」【きせんをせいする】

「先制する」【せんせいする】

「先制する」には「先手を取ること」という意味があります。

また野球の試合で、相手よりも先に得点することを、「先制する」と言います。

「1回の表に2点先制する」などと言います。

「機先を制する」【きせんをせいする】

「機先を制する」には、「相手より先に行動し、その計画や気勢をくじく」という意味があります。

先制攻撃を仕掛けて相手の計画を崩す時、「先制攻撃で機先を制する」と言います。



icon まとめ

「先手を取る」という言葉について見てきました。

競争相手よりも先に行動を起こす時、先に相手を叩く時などに、「先手を取る」という言葉を使ってみましょう。