意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「熟慮」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「熟慮」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「熟慮」という言葉を使った例文や、「熟慮」の類語を紹介して行きます。

熟慮

Meaning-Book
「熟慮」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「熟慮」とは?
  • 「熟慮」を使った例文や短文など
  • 「熟慮」の類語や類義語・言い換え


「熟慮」とは?

「熟慮」という言葉を知っているでしょうか。

「熟慮して進路を決めた」という経験があるかもしれません。

一方で、「熟慮」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「熟慮」という言葉の意味を紹介します。

  • 「熟慮」の読み方
  • 「熟慮」の意味

「熟慮」の読み方

「熟慮」「じゅくりょ」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「熟慮」「じゅくりょ」と読みましょう。

「熟慮」の意味

「熟慮」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「熟慮」には、「よくよく考えること」という意味があります。

また「いろいろと考えに入れて、念入りに検討すること」という意味もあります。

「熟慮して進路を決めた」という人は、様々な進路に進んだ場合を仮定して、念入りに検討し、現在の道を選んだのではないでしょうか。

このように、「熟慮」という言葉には、「よくよく考えること」「いろいろと考えに入れて、念入りに検討すること」という意味もあります。



「熟慮」を使った例文や短文など

「熟慮」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「熟慮」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「熟慮」を使った例文1
  • 「熟慮」を使った例文2

「熟慮」を使った例文1

「『熟慮』を重ねた企画を提出する」

この例文はビジネスシーンでよくある場面になります。

自分が提出する企画について、よくよく考えて、検討を重ねている様子が見てとれます。

このような丁寧な姿勢は、周囲の信頼を生み、企画の質を上げるでしょう。

「熟慮」を使った例文2

「『熟慮』して、プロポーズに対する返事をする」

この例文のように、プロポーズをされた時、すぐに返事をするタイプの人と、よくよく考えるタイプの人がいるでしょう。

結婚後の生活、将来などを考えて、自分にとって良い答えを導き出しましょう。

「熟慮」の類語や類義語・言い換え

「熟慮」の類語や類似表現を紹介します。

「熟慮」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「熟考」【じゅっこう】
  • 「思索」【しさく】

「熟考」【じゅっこう】

「熟考」には、「念を入れてよく考えること」という意味があります。

「熟考を重ねる」という時は、念を入れて考えることを繰り返すという意味になります。

「思索」【しさく】

「思索」という言葉があります。

「思索」には「筋道を立てて、深く考えること」という意味があります。

「思索にふける」「物語を思索する」などという使い方をします。



icon まとめ

「熟慮」という言葉について見てきました。

よくよく考える時、いろいろなことを考えに入れて、念入りに検討する時、「熟慮」という言葉を使ってみましょう。