意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「重んずる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「重んずる」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「重んずる」という言葉を使った例文や、「重んずる」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「重んずる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「重んずる」とは?
  • 「重んずる」を使った例文や短文など
  • 「重んずる」の類語や類義語・言い換え


「重んずる」とは?

「重んずる」という言葉を知っているでしょうか。

「伝統を重んずる」会社で働いている人もいるかもしれません。

一方で、「重んずる」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「重んずる」という言葉の意味を紹介します。

  • 「重んずる」の読み方
  • 「重んずる」の意味

「重んずる」の読み方

「重んずる」「おもんずる」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「重んずる」「おもんずる」と読みましょう。

「重んずる」の意味

「重んずる」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「重んずる」には、「価値あるものとして大切に扱う」という意味があります。

何かを尊重する時に、「重んずる」という言葉を使います。

「伝統を重んじる会社」は、その会社に続く伝統的な習慣を価値あるものとして大切に扱っていることになります。

このように、「重んずる」という言葉には、「価値あるものとして大切に扱う」という意味があります。



「重んずる」を使った例文や短文など

「重んずる」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「重んずる」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「重んずる」を使った例文1
  • 「重んずる」を使った例文2

「重んずる」を使った例文1

「礼儀を『重んずる』青年は、高齢者に好かれる」

この例文のように、礼儀作法を尊い物として大切にする若者は、高齢者から好かれやすいでしょう。

高齢者の多くも、礼儀作法を大切にするためです。

ただし同世代の人には、受けが悪くなるかもしれません。

「重んずる」を使った例文2

「プライベートより仕事を『重んずる』性格のため、休日出勤する」

この例文のように、私生活よりも仕事を優先するタイプの人がいるかもしれません。

このタイプの人は、時間外労働をし、休日出勤をいとわないかもしれません。

体や心を壊さないよう、無理をせず働くようにしましょう。

「重んずる」の類語や類義語・言い換え

「重んずる」の類語や類似表現を紹介します。

「重んずる」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「尊重」【そんちょう】
  • 「尊ぶ」【とうとぶ】

「尊重」【そんちょう】

「尊重」という言葉には、「価値ある物、尊いものとして大切に扱うこと」という意味があります。

「相手を尊重する」という言葉には、相手を価値のある尊い物として、大切に扱うという意味があります。

「尊ぶ」【とうとぶ】

「尊ぶ」という言葉には「あがめ敬うこと」という意味があります。

「人命を尊ぶ」という言葉には、人の命をあがめ敬うという意味があります。



icon まとめ

「重んずる」という言葉について見てきました。

何かを価値あるものとして、大切に扱う人を見た時、「重んずる」という言葉を使ってみましょう。