意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「取り組み」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「取り組み」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「取り組み」という言葉を使った例文や、「取り組み」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「取り組み」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「取り組み」とは?
  • 「取り組み」を使った例文や短文など
  • 「取り組み」の類語や類義語・言い換え


「取り組み」とは?

「取り組み」という言葉を知っているでしょうか。

「仕事の取り組み方を評価された」という経験があるかもしれません。

一方で、「取り組み」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「取り組み」という言葉の意味を紹介します。

  • 「取り組み」の読み方
  • 「取り組み」の意味

「取り組み」の読み方

「取り組み」「とりくみ」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「取り組み」「とりくみ」と読みましょう。

「取り組み」の意味

「取り組み」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「取り組み」には、「その事に取り組み、物事にあたること」という意味があります。

例えば「仕事の取り組みを評価された」という時は、仕事に対する当たり方が良いと高い評価をされたという意味になります。

また「相撲の組み合わせ」のことを「取り組み」ということがあります。

このように、「取り組み」という言葉には、「その事に取り組み、物事にあたること」「相撲の組み合わせ」という意味があります。



「取り組み」を使った例文や短文など

「取り組み」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「取り組み」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「取り組み」を使った例文1
  • 「取り組み」を使った例文2

「取り組み」を使った例文1

「少子化問題への積極的な『取り組み』が必要だ」

この例文は、日本が抱える少子化問題に対する、取り組み方の姿勢が問われています。

もっと積極的にことに当たるべきだという時、「積極的な取り組みが必要だ」などという言い回しを使います。

「取り組み」を使った例文2

「今日の印象に残った『取り組み』は、平幕が大関を破る番狂わせが起こった試合だ」

この例文は、大相撲の組み合わせを「取り組み」と表現しています。

平幕と大関の組み合わせで対戦がある時、ほとんどの場合大関が勝つため、平幕が勝ったら番狂わせと呼ばれるでしょう。

「取り組み」の類語や類義語・言い換え

「取り組み」の類語や類似表現を紹介します。

「取り組み」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「奮励」【ふんれい】
  • 「トライ」【とらい】

「奮励」【ふんれい】

「奮励」には「力を振り絞って頑張ること」という意味があります。

「奮励努力すべき物事」という時は、気力を奮い起こして、努力すべき物事という意味があり、目標を達成するために大切な仕事などを指します。

「トライ」【とらい】

「トライ」には「試みること」という意味があります。

またラグビーの試合で、ゴールを決めることも「トライ」と言います。

「新しい仕事にトライする」などという使い方をします。



icon まとめ

「取り組み」という言葉について見てきました。

何か物事にあたる時、相撲の組み合わせついて話す時に、「取り組み」という言葉を使ってみましょう。