意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「執心」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「執心」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「執心」という言葉を使った例文や、「執心」の類語を紹介して行きます。

執心

Meaning-Book
「執心」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「執心」とは?
  • 「執心」を使った例文や短文など
  • 「執心」の類語や類義語・言い換え


「執心」とは?

「執心」という言葉を知っているでしょうか。

一人の女性に「執心」している男性をしっているかもしれません。

一方で、「執心」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「執心」という言葉の意味を紹介します。

  • 「執心」の読み方
  • 「執心」の意味

「執心」の読み方

「執心」「しゅうしん」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「執心」「しゅうしん」と読みましょう。

「執心」の意味

「執心」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「執心」には、「ある物事に心を惹かれて、それにこだわる様子」という意味があります。

例えば長年片想いを続けている男性は、その女性に心を惹かれただけでなく、こだわっていると言えるでしょう。

そのため「女性に執心している」などと言われます。

このように「執心」という言葉には、「ある物事に心を惹かれて、それにこだわる様子」という意味があります。



「執心」を使った例文や短文など

次に「執心」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「執心」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「執心」を使った例文1
  • 「執心」を使った例文2

「執心」を使った例文1

「部長が『執心』している計画を実行に移す」

この例文のように、ビジネスシーンでも、「執心」という言葉を使います。

人は仕事を始める時に、将来してみたい、熱い思いを持ち、こだわりが強い計画や夢を持っているかもしれません。

この例文に登場する部長のように、こだわり続けた「執心」した計画を実行できるのは幸せかもしれません。

「執心」を使った例文2

「私が『執心』している女性は、すでに結婚している」

この例文に登場する男性は、人妻に対して恋心を抱いているようです。

本来なら心を惹かれても身を引くべきですが、余りにも好きな思いが強すぎて、こだわってしまっているようです。

このような既婚者への「執心」は、あまり良い結果を生まないかもしれません。

「執心」の類語や類義語・言い換え

「執心」の類語や類似表現を紹介します。

「執心」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「愛執」【あいしゅう】
  • 「未練」【みれん】

「愛執」【あいしゅう】

「愛執」には、「愛する者に心が囚われて離れられないこと」という意味があります。

「彼に対する愛執の念を断ちたい」という時は、心を囚われてしまった好きな相手への恋心を消して自由になりたいという意味があります。

「未練」【みれん】

「未練」には、「執心が残っていて思い切れないこと」という意味があります。

「彼女に未練がある」という時は、心を惹かれた女性に対する、こだわりが残っていて、別れる決心ができないという意味になります。



icon まとめ

「執心」という言葉について見てきました。

誰かに心を惹かれて、さらに強いこだわりを見せている人を見た時に、「執心」という言葉を使ってみましょう。