意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「残念な思い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ものごとが終った後に「残念な思い」という言葉を使うことがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

残念な思い

Meaning-Book
「残念な思い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「残念な思い」とは?
  • 「残念な思い」の表現の使い方
  • 「残念な思い」を使った例文と意味を解釈
  • 「残念な思い」の類語や類義語


「残念な思い」とは?

「残念な思い」の概要について紹介します。

  • 「残念な思い」の読み方
  • 「残念な思い」の意味
  • 「残念」の意味

「残念な思い」の読み方

「残念な思い」「ざんねんなおもい」と読みます。

難しい漢字ではないので読み書きできる様にしておきましょう。

「残念な思い」の意味

「残念な思い」の意味は「ものごとが期待していた通りにならなかった時に起きる、後から不満や悔しさ、後悔などの気持ちのこと」です。

「これはうまくいくかも」「是非うまくいって欲しい」と思っていたのに、結果が伴わなかった時にはがっかりしたりショックを受けたりするものです。

その時に感じる「不満」「もの足りなさ」「反省」「脱力感」などの感情のことを「残念な思い」と言うのです。

「残念」の意味

「残念」の意味は、一般的には「もの足りなく思うこと」「諦め切れないこと」「悔しく思うこと」です。

しかし最近では「残念な人」という若者言葉としての「残念」が流行っています。

こちらの「残念」の意味は「優秀であったり素晴らしい長所があるのに発揮できない人」「長所がかすむ位の短所を持っていること」「それさえなければと思われることがある」などです。

「オシャレをしているのにコーディネートが悪い」「学歴はあるのに仕事ができない」など、短所が目立ってしまう人や動物のことを言います。



「残念な思い」の表現の使い方

「残念な思い」は、ものごとがうまく行かなかったことを悔やんだり未練を感じる時に使われます。

もう少しでうまく行った、或いはうまく行きそうだった時に、失敗したことに対して諦められない時の表現です。

「残念な思い」は名詞ですので、「だ」「が止まらない」など付けて使われます。

「残念な思い」を使った例文と意味を解釈

「残念な思い」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「残念な思い」を使った例文1
  • 「残念な思い」を使った例文2

「残念な思い」を使った例文1

「決勝戦に体調を崩して出場できないとは残念な思いだ」

折角レギュラーとして大会を頑張り抜いてきたのに、決勝戦の日に体調を崩してしまい出場できなくなりました。

非常に惜しいことをしたと後悔している様子を表します。

「残念な思い」を使った例文2

「あと一歩でコンペに負けてしまい、残念な思いが止まらない」

ビジネスコンペで、ライバル会社に負けてしまいました。

審査員から「迷った」と言われて、「もう少し頑張ったら良かった」と後悔している様子を表しています。



「残念な思い」の類語や類義語

「残念な思い」の類語を紹介します。

  • 「不本意」【ふほんい】
  • 「後味の悪い」

「不本意」【ふほんい】

「自分の本当の希望や気持ちとは違っていること」という意味です。

多くの場合「不本意ながらも承知する」と、受け入れざるを得ない状況の時に使われます。

「後味の悪い」

「ものごとが終った後に、不満や嫌な思いが残ること」という意味です。

icon まとめ

「残念な思い」「ものごとが期待していた通りにならなかった時に起きる、後から不満や悔しさ、後悔などの気持ち」という意味です。

モヤモヤとした気持ちを表す時に使ってみましょう。