意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「残念至極」とは?意味や類語!表現の使い方

残念至極、という表現を聞いたことがあるでしょうか。

生活をしているととても残念に感じることがありますよね。

それならば、残念至極という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。

残念至極

Meaning-Book
「残念至極」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「残念至極」とは?意味
  • 「残念至極」の表現の使い方
  • 「残念至極」と「残念無念」の違い
  • 「残念至極」を使った例文と意味を解釈
  • 「残念至極」の類語や類義語・言い換え

「残念至極」とは?意味

残念至極、という表現は極めて残念である、という意味です。

至極という言葉にはこの上なくという意味があり、残念という表現の接尾辞として使われています。

残念至極意外にも光栄至極、迷惑至極、などという言い回しもあります。

残念至極は非常に悔しくてたまらない、とても心残りである、などという意味で使われます。

  • 「残念至極」の読み方

「残念至極」の読み方

残念至極という表現は「ざんねんしごく」と読みます。

どちらも難しい表現ではありませんので、しっかりと読めるようにしておきたいものです。

「残念至極」の表現の使い方

残念至極という表現は非常に残念だと感じるときに使えます。

例えば、恋人が病気になって命を落とした、などという時はまさに残念至極という表現が使えるでしょう。

それは若いうちに病気になる、その病気で命を落とす、という非常に残念な状態になり、心残りであると感じる人も多いのではないでしょうか。

もっと早く病気に気づいていれば、まだ若いのに、などと悔やみ切れない思いになります。

そのような時はまさに残念至極という表現が当てはまります。

「残念至極」と「残念無念」の違い

残念至極という表現の類義語に残念無念というものがあります。

残念至極というのは残念で仕方がないという意味ですが、残念無念というのは残念で悔しい、思う通りにならなくて心残りがある、という意味になります。

無念というのは成し遂げたかったことができない心苦しさという意味がありますので、残念無念という表現には残念至極という意味合いよりも心残りが強い表現になります。

「残念至極」を使った例文と意味を解釈

これは残念至極という表現を使った例文を紹介します。

  • 「残念至極」を使った例文1
  • 「残念至極」を使った例文2

「残念至極」を使った例文1

「あなたの欠点を指摘してくれない人がいないのは非常に残念至極です」

良い友達であれば、欠点を指摘してくれることがありますよね。

必ずしも良いところばかりを指摘し、ほめたたえるのではなく、「あなたはこのようなところに問題がある」「ここは直した方が良い」と指摘してもらえるのではないでしょうか。

むしろそのような友達がいないという事は非常に残念だといえます。

自分の話を肯定してくれる人ばかりを信じてはいけません。

「残念至極」を使った例文2

「忙しくてキャンペーン期間を逃してしまい、残念至極です」

キャンペーン等の中には無料で何かが利用できたり、非常に安く何かを購入できたり、というものがありますよね。

しかしそのようなものには期間が決まっているため、忙しくて気づいたときにはキャンペーンが終わっていたなどということもあるかもしれません。

狙っていたものがあればあるほど、キャンペーン期間を逃してしまうと非常に残念だといえます。

「残念至極」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「後ろ髪を引かれる思い」
  • 「名残惜しい」
  • 「悔いを残す」

「後ろ髪を引かれる思い」

後ろ髪を引かれる思い、というのは未練があり、その場を離れられない、心残りがある、などという時に使われる表現です。

例えば幼い子供を残して病院に入院しなければいけない時など、まさに後ろ髪を引かれる思いではないでしょうか。

「名残惜しい」

名残惜しいという表現は心が惹かれて別れるのが辛い、という意味になります。

例えば家族や友達との別れは非常に名残惜しいものです。

「悔いを残す」

悔いを残す、というのは物事が終わった後に後悔の念が残る、という意味になります。

例えばスポーツなどで大会に出た後、思ったように自分の技術を出せなかったとなれば、悔いが残るのではないでしょうか。

icon まとめ

残念至極という表現は四字熟語の中でもわかりやすいものになりますので、ぜひ知っておきたいものです。

残念至極と思えるような出来事は毎日起こりませんが、そのような状態になったら、適度にストレス解消して前向きになりたいですね。