意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「残念無念」の意味とは?!解説

映画やドラマで「残念無念」という言葉を耳にすることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語なども併せて以下に紹介します。

残念無念

Meaning-Book
「残念無念」の意味とは?!解説>


目次

  • 「残念無念」とは?
  • 「残念無念」の類語や言い換え


「残念無念」とは?

「残念無念」の概要について紹介します。

  • 「残念無念」の読み方
  • 「残念無念」の意味
  • 「残念無念」の由来
  • 「残念無念」の使い方

「残念無念」の読み方

「残念無念」「ざんねんむねん」と読みます。

非常に語呂がよい言葉ですので覚え易いでしょう。

「残念無念」の意味

「残念無念」の意味は「ものごとが思う様にならずに悔しくて心残りがあること」です。

ものごとの結果が失敗に終わり、悔しくて仕方がなく、諦めようと思っても気持ちが切り替えられないことを言います。

「残念無念」の由来

「残念無念」「残念+無念」で成り立っています。

「残念」とは「目的を達成できずに悔しいと思うこと」という意味で、「無念」「目的が達成できずに心残りがあること」という意味です。

「残念」「無念」も別々に使うことがありますが、「残念無念」の場合は同じ意味を繰り返して強調しているのです。

「残念無念」の使い方

「残念無念」は口語でとして、悔しい時や強い未練が残っている時に使います。

「残念」だけだともの足りない時、もっと強い悔しさを表したい時に後に「無念」を付けます。

品詞としては名詞なのですが単独で使われることが多く、「残念無念だ」と言わずに「残念無念」と言い切りが多くなります。



「残念無念」の類語や言い換え

「残念無念」の類語を紹介します。

  • 「悔恨の念」【かいこんのねん】
  • 「慚愧に堪えない」【ざんきにたえない】
  • 「臍を噛む」【ほぞをかむ】

「悔恨の念」【かいこんのねん】

「自分の行いを悔やんだり残念な気持ちになって仕方がないこと」という意味です。

「慚愧に堪えない」【ざんきにたえない】

「自分のしたことを残念で恥ずかしくて仕方がない気持ち」という意味です。

「臍を噛む」【ほぞをかむ】

「どうにもならないことを後悔すること」という意味です。

「自分のへそは?むことができない」というたとえです。

icon まとめ

「残念無念」「ものごとが思う様にならずに悔しくて心残りがあること」という意味です。

本当に悔しい時に使ってみましょう。