意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「理解不能」とは?意味や類語!例文と解釈

若い人の間で「理解不能」という言葉が使われることがあります。

行ったどの様な意味で使われているのか、類語や例文なども併せて紹介します。

Meaning-Book
「理解不能」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「理解不能」とは?
  • 「理解不能」の英語と解釈
  • 「理解不能」の表現の使い方
  • 「理解不能」を使った例文と意味を解釈
  • 「理解不能」の類語や類義語


「理解不能」とは?

「理解不能」の概要について紹介します。

  • 「理解不能」の読み方
  • 「理解不能」の意味
  • 「理解不能」を分解して解釈
  • 「理解不能」と「意味不明」の違い

「理解不能」の読み方

「理解不能」「りかいふのう」と読みます。

「理解」「不能」に分けて読めば、それほど難しい漢字ではありません。

「理解不能」の意味

「理解不能」の意味は「自分から努力をしても納得したり共感したりできないこと」です。

相手の言うことやすること、そのものごとの状態に対して、何故そうするのか、何故そうなるのかなど、自分の中で整理ができない状態を表します。

とある人やものごとの存在や考え方が、受け入れられない時の表現です。

「理解不能」を分解して解釈

「理解不能」「理解」「不能」に分けられます。

「理解」「ものごとのすじみちを納得できること」「相手の気持ちや立場がわかること」という意味です。

「不能」「それをする能力がないこと」という意味です。

「理解不能」「ものごとのすじみちや相手の状況などをわかる能力がないこと」という意味で使われているのです。

「理解不能」と「意味不明」の違い

「理解不能」と似た意味の言葉に「意味不明」があります。

「理解不能」「ものごとや相手のことを分る能力がないこと」という意味です。

「意味不明」「そのものや人の言動が何を表しているのか分からないこと」という意味です。

この2つの違いは「自分で分ろうとしてもできないのか、単に分らない状態なだけか」という点です。



「理解不能」の英語と解釈

「理解不能」の英語表現を紹介します。

  • “It doesn't make sense.”
  • “I can't get it.”

“It doesn't make sense.”

「納得できない=理解不能だ」です。

このフレーズは「話のすじみちが通っていない時」「矛盾している時」によく使われます。

“I can't get it.”

「分らない=理解不能だ」です。

こちらは“I don't understand.”の代わりによく使われます。

「理解不能」の表現の使い方

「理解不能」の使い方について紹介します。

  • 相手の行動に呆れている時に使う
  • 相手に好意を持つ意味もある

相手の行動に呆れている時に使う

相手の行動が全く予測できなかったり、その意図することが自分の理解力を超えていると感じた時に使われます。

半ば相手に対して呆れているというニュアンスを含む言葉です。

相手に好意を持つ意味もある

「理解不能」は言葉の意味は相手に対して否定的ですが、実際に使う時には意表を突く行動をする相手に対し、むしろ「好ましい」と思う気持ちを表すこともあります。

その時の「理解不能」の言い方や表情を良く観察して意味を読み取りましょう。



「理解不能」を使った例文と意味を解釈

「理解不能」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「理解不能」を使った例文1
  • 「理解不能」を使った例文2

「理解不能」を使った例文1

「小さい子供の行動は理解不能なことが多い」

小さい子供の行動を見ていると、何故今それをやらなくてはいけないのかと思うことがよくあります。

大人の常識では考えられない行動を取ることを表しています。

「理解不能」を使った例文2

「何故こんなミスをするのか理解不能だった」

仕事でミスが発生して原因が分かったのですが、何故こんなミスが起きるのか分からない程の単純なことだった様子を表しています。

「理解不能」の類語や類義語

「理解不能」の類語を紹介します。

  • 「ちんぷんかんぷん」
  • 「支離滅裂」【しりめつれつ】

「ちんぷんかんぷん」

「全く意味が分からないこと」という意味です。

語源は江戸時代に儒学者、或いは外国人が話す難しい言葉を、音だけ真似たことから来ていると言われています。

「支離滅裂」【しりめつれつ】

「ばらばらでちらばっていて、しかもすじみちが立っていない様子こと」という意味です。

icon まとめ

「理解不能」「自分から努力をしても納得したり共感したりできないこと」という意味です。

自分の理解を超えていると思った時に使ってみましょう。