意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「敵視」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「敵視」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「敵視」という言葉を使った例文や、「敵視」の類語を紹介して行きます。

敵視

Meaning-Book
「敵視」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「敵視」とは?
  • 「敵視」を使った例文や短文など
  • 「敵視」の類語や類義語・言い換え


「敵視」とは?

「敵視」という言葉を知っているでしょうか。

「同僚を敵視する」という経験があるかもしれません。

一方で、「敵視」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「敵視」という言葉の意味を紹介します。

  • 「敵視」の読み方
  • 「敵視」の意味

「敵視」の読み方

「敵視」「てきし」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「敵視」「てきし」と読みましょう。

「敵視」の意味

「敵視」には、どのような意味があるでしょうか。

「敵視」という言葉には、「相手を敵として見ること」という意味があります。

また「敵として憎むこと」という意味もあります。

「同僚を敵視する」という時、同僚がライバルで負けられない相手になったのかもしれません。

このように、「敵視」という言葉には、「相手を敵として見ること」という意味があります。



「敵視」を使った例文や短文など

「敵視」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「敵視」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「敵視」を使った例文1
  • 「敵視」を使った例文2

「敵視」を使った例文1

「家族を『敵視』すると、心が落ち着かない」

この例文のように、もっとも身近な家族を憎んでみるようになると、心のよりどころがなくなり、落ち着かなくなるかもしれません。

家族とは仲良く、良い関係を築きたいものです。

「敵視」を使った例文2

「全ての人を『敵視』する癖がある」

戦いに明け暮れるような暮らしをしてきた人は、他人に心を許せません。

そのため、いったん目の前の人を「敵視」する癖があるかもしれません。

安全な場所で暮らし、他人に敵意がないことを理解すれば、このような癖がなくなるかもしれません。

「敵視」の類語や類義語・言い換え

「敵視」の類語や類似表現を紹介します。

「敵視」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「目の敵」【めのかたき】
  • 「憎悪」【ぞうお】

「目の敵」【めのかたき】

「目の敵」には「憎んで敵視すること」という意味があります。

「ライバルを目の敵にする」には、ライバルを憎んで敵視するという意味があります。

「敵視」と似た意味を持つ言葉のため、言い換えたい時に、「目の敵」を使ってみましょう。

「憎悪」【ぞうお】

「憎悪」には、「酷く憎むこと」「憎み嫌うこと」という意味があります。

「敵を憎悪する」「戦争を憎悪する」などという使い方をします。

誰かをひどく憎んでいる人を見た時、「憎悪」という言葉を使ってみましょう。



icon まとめ

「敵視」という言葉について見てきました。

誰かを敵として見る時、また誰かを敵として見て憎む時に、「敵視」という言葉を使ってみましょう。