意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「退避」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「退避」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「退避」という言葉を使った例文や、「退避」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「退避」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「退避」とは?
  • 「退避」を使った例文や短文など
  • 「退避」の類語や類義語・言い換え


「退避」とは?

「退避」という言葉を知っているでしょうか。

危険が迫った時、「退避」したという経験があるかもしれません。

一方で、「退避」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「退避」という言葉の意味を紹介します。

  • 「退避」の読み方
  • 「退避」の意味

「退避」の読み方

「退避」「たいひ」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「退避」「たいひ」と読みましょう。

「退避」の意味

「退避」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「退避」には、「一時的にその場所を離れて、危険を避けること」という意味があります。

例えば津波警報が鳴った時、その場を離れて高台に避難するかもしれません。

このような危険を避ける行為を「退避」と言います。

このように、「退避」という言葉には、「一時的にその場所を離れて、危険を避けること」という意味があります。



「退避」を使った例文や短文など

次に「退避」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「退避」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「退避」を使った例文1
  • 「退避」を使った例文2

「退避」を使った例文1

「戦況が激しくなったため、いったん安全地帯に『退避』する」

この例文は、戦いのさなかに、攻撃を避けるため、安全な場所に避難する様子を文章にしたものです。

安全地帯などに退き、危険を避ける様子を「退避」という言葉で表現できます。

「退避」を使った例文2

「『退避命令』が出たため、その場を離れる準備をする」

この例文のように、大きな災害が起こった時、「退避命令」が出るかもしれません。

安全な場所に避難するよう指示が出た時、すぐに「退避」できるよう、非常用の荷物などをまとめておくといいかもしれません。

また非常食や避難用のヘルメットなども用意しておくといいでしょう。

「退避」の類語や類義語・言い換え

「退避」の類語や類似表現を紹介します。

「退避」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「避難」【ひなん】
  • 「回避」【かいひ】

「避難」【ひなん】

「避難」には、「災難を避け安全な場所へ行くこと」という意味があります。

「避難訓練」は、学校や会社に火事や地震が起こった時を想定して、災難を避けるようその場を離れる練習をするという意味があります。

「回避」【かいひ】

「回避」には、「危険から逃れるために、物事を避けること」という意味があります。

「危険を回避する」という時は、危険な状況に陥ることを避けるという意味があります。



icon まとめ

「退避」という言葉について見てきました。

その場所を退いて危険を避けるような行為をする時、「退避」という言葉を使ってみましょう。