意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「精強」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「精強」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「精強」という言葉を使った例文や、「精強」の類語を紹介して行きます。

精強

Meaning-Book
「精強」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「精強」とは?
  • 「精強」を使った例文や短文など
  • 「精強」の類語や類義語・言い換え


「精強」とは?

「精強」という言葉を知っているでしょうか。

歴史小説などを読んでいると「精強を誇る軍団」が登場するかもしれません。

一方で、「精強」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「精強」という言葉の意味を紹介します。

  • 「精強」の読み方
  • 「精強」の意味

「精強」の読み方

「精強」「せいきょう」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「精強」「せいきょう」と読みましょう。

「精強」の意味

「精強」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「精強」には、「飛びぬけて強いこと」また「優れていて強い様子」という意味があります。

「精強を誇る軍団」は、優れた戦士たちが集まった、飛びぬけて強い軍団という意味になります。

様々な戦で大活躍し、仕えている大名に可愛がられたのではないでしょうか。

このように、「精強」という言葉には、「飛びぬけて強いこと」また「優れていて強い様子」という意味があります。



「精強」を使った例文や短文など

次に「精強」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「精強」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「精強」を使った例文1
  • 「精強」を使った例文2

「精強」を使った例文1

「『精強』なチームを作るため、オーディションをする」

この例文は、スポーツチームやアイドルグループが、オーディションをして、さらに優秀な人材を集めようとしている場面になります。

ただでさえ優秀なメンバーが揃っている上にオーディションをするため、非常に優れた「精強」なチームになりそうです。

「精強」を使った例文2

「戦が劣勢になったため、『精強』な部隊を投入する」

この例文は、戦いが不利になった時、その軍が持っている最高の舞台を投入した場面になります。

切り札のように大切にしていた「精強」な部隊を投入し、起死回生を図ろうとしています。

「精強」の類語や類義語・言い換え

続いて「精強」の類語や類似表現を紹介します。

「精強」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「力強い」【ちからづよい】
  • 「剛健」【ごうけん】

「力強い」【ちからづよい】

「力強い」には、「いかにも力がありそうに見える様子」という意味があります。

「力強い男性」は、いかにも力がありそうに見える、筋肉質な体つきの男性かもしれません。

「剛健」【ごうけん】

「剛健」には「男性的で心身が強くたくましいこと」という意味があります。

「剛健な若者」「剛健な気風」などという使い方をします。

また「質実剛健」には、「飾り気がなく真面目でたくましいこと」という意味があります。



icon まとめ

「精強」という言葉について見てきました。

非常に優れていて強い様子の人や集団を見た時、「精強」という言葉を使ってみましょう。