意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「憂患」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「憂患」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「憂患」という言葉を使った例文や、「憂患」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「憂患」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「憂患」とは?
  • 「憂患」を使った例文や短文など
  • 「憂患」の類語や類義語・言い換え


「憂患」とは?

「憂患」という言葉を知っているでしょうか。

「憂患な思いに支配されている」と感じる人もいるでしょう。

一方で、「憂患」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「憂患」という言葉の意味を紹介します。

  • 「憂患」の読み方
  • 「憂患」の意味

「憂患」の読み方

「憂患」「ゆうかん」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「憂患」「ゆうかん」と読みましょう。

「憂患」の意味

「憂患」という言葉の意味を紹介します。

「憂患」には「ひどく心配して悩むみ、心を痛めること」という意味があります。

そのため何かに対してひどく心配で悩んでいる人は、「憂患な思いに支配されている」かもしれません。

このように「憂患」という言葉には、「ひどく心配して悩むみ、心を痛めること」という意味があります。



「憂患」を使った例文や短文など

「憂患」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「憂患」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「憂患」を使った例文1
  • 「憂患」を使った例文2

「憂患」を使った例文1

「『憂患』に生き、安楽に死す」

「憂患に行き安楽に死す」ということわざがあります。

この言葉には、人は心配事があると、心を痛めて命を守ろうとするが、憂いがなくなると気がゆるんで、思わぬ死を遂げてしまうこともある、という意味があります。

「憂患」な生き方は辛いものですが、生きるという目的には必要な感情かもしれません。

「憂患」を使った例文2

「彼は『憂患』と苦悩を抱えて生きている」

この例文のように、様々な心配や苦悩とともに生きている人がいるかもしれません。

何かしらのきっかけがあり、「憂患」や苦悩と、自分に距離を置けるようになると、生き方が楽になるかもしれません。

「憂患」の類語や類義語・言い換え

「憂患」の類語や類似表現を紹介します。

「憂患」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「気がかり」【きがかり】
  • 「憂慮」【ゆうりょ】

「気がかり」【きがかり】

「気がかり」には、「不安を感じ、気になって心配すること」という意味があります。

「気がかりな出来事」は、気になって心配してしまうような出来事という意味があります。

「憂慮」【ゆうりょ】

「憂慮」には「心配したり、強く不安に思うこと」という意味があります。

「憂慮していた事態になった」という時は、心配していた事態に、本当になってしまったという意味があります。



icon まとめ

「憂患」という言葉について見てきました。

ひどく思い悩んだり、心配して心を痛めている人を見かけた時、「憂患」という言葉を使ってみましょう。