意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「不仲」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「不仲」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「不仲」という言葉を使った例文や、「不仲」の類語を紹介して行きます。

不仲

Meaning-Book
「不仲」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「不仲」とは?
  • 「不仲」を使った例文や短文など
  • 「不仲」の類語や類義語・言い換え


「不仲」とは?

「不仲」という言葉を知っているでしょうか。

ビジネスシーンで「不仲な同僚」の姿を見たことがあるかもしれません。

一方で、「不仲」という言葉を今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「不仲」という言葉の意味を紹介します。

  • 「不仲」の読み方
  • 「不仲」の意味

「不仲」の読み方

「不仲」「ふなか」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「不仲」「ふなか」と読みましょう。

「不仲」の意味

「不仲」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「不仲」には、「 折り合いが悪く、仲が良くないこと」という意味があります。

「不仲な同僚」という言葉には、仲の良くない会社の同僚という意味があります。

誰かの仲が悪いと感じた時に、「不仲」という言葉を使ってみましょう。



「不仲」を使った例文や短文など

「不仲」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「不仲」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「不仲」を使った例文1
  • 「不仲」を使った例文2

「不仲」を使った例文1

「『不仲』な同僚が、お酒を飲みに行き、仲良くなった」

この例文のように、仲が悪かった二人が、一緒にお酒を飲みに行ったのをきっかけに、仲良くなることがあります。

酒を飲み、腹を割って話したことで、誤解などが解けたのかもしれません。

本心で憎しみ合っていない限り、このような席を設けると、「不仲」が解消されるかもしれません。

「不仲」を使った例文2

「素敵に見える芸能人カップルの中にも、『不仲』なカップルがいるかもしれない」

この例文のように、一見仲が良さそうなカップルの、仲が本当に良いとは限りません。

「不仲」な芸能人カップルが、仲の良い二人と見せかけているかもしれません。

「不仲」の類語や類義語・言い換え

「不仲」の類語や類似表現を紹介します。

「不仲」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「不和」【ふわ】
  • 「軋轢」【あつれき】

「不和」【ふわ】

「不和」には、「気持ちに行き違いが生じ、仲たがいしていること」という意味があります。

「二人の間に不和が生じる」という時は、二人の心にすれ違いが生まれたという意味があります。

「軋轢」【あつれき】

「軋轢」という言葉には、「人間関係(社会関係)において両者の仲が悪くなること」という意味があります。

「二社間に軋轢が生じる」という時は、二つの会社にトラブルなどが起こり、仲が悪くなったという意味があります。



icon まとめ

「不仲」という言葉について見てきました。

仲が良くない様子の人たちを見た時、また誰かと仲が良くないと感じた時、「不仲」という言葉を使ってみましょう。