意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「内沙汰」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「内沙汰」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「内沙汰」という言葉を使った例文や、「内沙汰」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「内沙汰」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「内沙汰」とは?
  • 「内沙汰」を使った例文や短文など
  • 「内沙汰」の類語や類義語・言い換え


「内沙汰」とは?

「内沙汰」という言葉を知っているでしょうか。

「家族の問題を、内沙汰に済ませる」などと言ったことがあるかもしれません。

一方で、「内沙汰」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「内沙汰」という言葉の意味を紹介します。

  • 「内沙汰」の読み方
  • 「内沙汰」の意味

「内沙汰」の読み方

「内沙汰」「うちざた」と読みます。

少し読み方が難しい言葉のため、読み間違えないように気を付けましょう。

これを機会に、「内沙汰」「うちざた」と読みましょう。

「内沙汰」の意味

「内沙汰」という言葉の意味を紹介します。

「内沙汰」には、「物事を内々で処理すること」という意味があります。

問題が起こった時も、正式の訴訟などを起こさずに、内輪で取りはからうことを「内沙汰」と言います。

家族の間で問題が起こった時も、訴訟などを起こさず、家族内だけで処理する時、「家族の問題を内沙汰に済ませる」などと言います。

このように、「内沙汰」という言葉には、「物事を内々で処理すること」という意味があります。



「内沙汰」を使った例文や短文など

次に「内沙汰」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「内沙汰」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「内沙汰」を使った例文1
  • 「内沙汰」を使った例文2

「内沙汰」を使った例文1

「不倫を『内沙汰』に済ませようと、画策する」

この例文は不倫に気付いた身内の人が、他の人に気付かれないよう、処理しようと動いている場面になります。

例えば娘の不倫に親が気付いた時、旦那さんや娘の関係者に知られないうちに、別れさせて、何事もなかったようにしようとするかもしれません。

このように、他の人に知らせず身内だけで処理する時、「内沙汰」という言葉を使います。

「内沙汰」を使った例文2

「会社の問題が『内沙汰』に収まった」

この例文は、問題を起こした会社が、世の中に問題を知られずに処理しきったという場面になります。

世間に広く知られたら株価が下がるなどして、取締役が責任を取る必要などが出たかもしれません。

「内沙汰」の類語や類義語・言い換え

続いて「内沙汰」の類語や類似表現を紹介します。

「内沙汰」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「内々」【ないない】
  • 「内輪」【うちわ】

「内々」【ないない】

「内々」という言葉には、「家庭の中」という意味や、「表立たないこと」という意味があります。

「もめごとを内々で処理する」という時は、もめごとを家族内で処理するという意味があります。

「内輪」【うちわ】

「内輪」には、「家族や仲間などの親しい者だけで、それ以外を混ぜないこと」という意味があります。

「内輪で食事をする」「内輪で楽しむ」などという使い方をします。



icon まとめ

「内沙汰」という言葉について見てきました。

物事を公にせずに、内々で済ませようとする時、「内沙汰」という言葉を使ってみましょう。