意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「因循」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「因循」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「因循」という言葉を使った例文や、「因循」の類語を紹介して行きます。

因循

Meaning-Book
「因循」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「因循」とは?
  • 「因循」を使った例文や短文など
  • 「因循」の類語や類義語・言い換え


「因循」とは?

「因循」という言葉を知っているでしょうか。

「彼は因循な性格だ」などという使い方をしたことがあるかもしれません。

一方で、「因循」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「因循」という言葉の意味を紹介します。

  • 「因循」の読み方
  • 「因循」の意味

「因循」の読み方

「因循」「いんじゅん」と読みます。

少し読み方が難しいため、読み間違えないようにしましょう。

これを機会に、「因循」「いんじゅん」と読みましょう。

「因循」の意味

「因循」という言葉の意味を紹介します。

「因循」には、「古い習慣や方法に従うばかりで、それを一向に改めようとしないこと」という意味があります。

「因循な家庭で育った」という時は、古い慣習に従うだけで、それを改めようとしない家庭で育ったという意味があります。

また「因循」には「思い切りが悪く、ぐずぐずしていること」という意味があります。

そのため「彼は因循な性格だ」という時は、「彼は思い切りが悪く、ぐずぐずした性格だ」という意味になります。



「因循」を使った例文や短文など

次に「因循」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「因循」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「因循」を使った例文1
  • 「因循」を使った例文2

「因循」を使った例文1

「『因循』な方法で、その場をやり過ごそうとする」

この例文は、昔からのやり方を用いて、その場をやり過ごそう、しのごうとしているという様子になります。

政治などを見ていると、古くて悪い習慣に支配されている場面がありますが、そのような方法を使ってその場しのぎをする時、「因循な方法」などと呼ばれます。

「因循」を使った例文2

「てっきり『因循』な考えの持ち主だろうと思っていた」

この例文に登場する人は、古い習慣に従うだけの人だと、周囲の人に思われていたようです。

実際は進歩的で、新しい方法を試せるタイプの人なのかもしれません。

「因循」の類語や類義語・言い換え

続いて「因循」の類語や類似表現を紹介します。

「因循」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「保守」【ほしゅ】
  • 「付け焼刃」【つけやきば】

「保守」【ほしゅ】

「保守」には「旧来の風習や伝統などを重んじて、守って行こうとする様子」という意味があります。

「保守的な考え」「保守的な態度」などの使い方をします。

「付け焼刃」【つけやきば】

「付け焼刃」には、「一時の間に合わせに、にわかに覚え込んだ知識や技術」という意味があります。

「付け焼刃の知識」「付け焼刃のやり方」などの使い方をします。



icon まとめ

「因循」という言葉について見てきました。

昔からの方法を守るだけで、新しい方法を試そうともしない人を見た時、「因循」という言葉を使ってみましょう。