意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「俊敏」とは?意味や使い方!例文や解釈

「俊敏」とは、「頭の働きが良くて、判断や行動が適切で素早いこと」を意味する言葉です。

「俊敏」「意味・読み方・使い方・俊敏を使った言葉・例文と解釈・反対語・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

俊敏

Meaning-Book
「俊敏」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「俊敏」とは?
  • 「俊敏」の表現の使い方
  • 「俊敏」を使った言葉と意味を解釈
  • 「俊敏」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「俊敏」の反対語
  • 「俊敏」の類語や類義語・言い換え
  • 「俊敏」の英語と解釈


「俊敏」とは?

「俊敏」という表現は、「頭の働きが良くて、物事に対する判断や実際の行動が素早いこと」を意味しています。

「俊敏」というのは、「才知・資質に優れていて頭の回転が速く、判断や行動がスピーディーで適切なさま」を意味している表現なのです。

  • 「俊敏」の読み方

「俊敏」の読み方

「俊敏」の読み方は、「しゅんびん」になります。



「俊敏」の表現の使い方

「俊敏」の表現の使い方は、「才知に秀でていて頭の回転が良く、実際の判断や行動が素早い人物・事柄」に対して使うという使い方になります。

例えば、「彼は政府与党の中でも俊敏な政治家として評価されていて、すでに対米交渉のためにアメリカに飛んでいた」といった文章で使用することができます。

「俊敏」を使った言葉と意味を解釈

「俊敏」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「俊敏な人物」【しゅんびんなじんぶつ】
  • 「俊敏で鳴らす」【しゅんびんでならす】
  • 「俊敏な仕事ぶり」【しゅんびんなしごとぶり】

「俊敏な人物」【しゅんびんなじんぶつ】

「俊敏な人物」という表現は、「頭の回転が良くて、判断や行動が適切で素早い人物」のことを意味しています。

例えば、「当社では新規事業の拡大に当たって、事業をリードできる俊敏な人物の積極採用を強化して参ります」といった文章で使用することができます。

「俊敏で鳴らす」【しゅんびんでならす】

「俊敏で鳴らす」という表現は、「頭の働きが良くて、適切な判断や行動をスピーディーにできることで世の中に知られている」ということを意味しています。

例えば、「彼女は同時通訳の業界ではトップレベルの実力を持っていて、俊敏で鳴らしていました」といった文章で使われます。

「俊敏な仕事ぶり」【しゅんびんなしごとぶり】

「俊敏な仕事ぶり」という言葉は、「頭の回転が非常に速くて、適切かつスピーディーに仕事をこなしているさま」を意味しています。

例えば、「前職での俊敏な仕事ぶりを評価されて、大幅なキャリアアップを果たすことができました」といった文章で使うことができます。



「俊敏」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「俊敏」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「俊敏」を使った例文1
  • 「俊敏」を使った例文2

「俊敏」を使った例文1

「市場競争が激化している今だからこそ、俊敏な若者を積極的にできるだけ多く採用して、未来の会社の成長基盤を整える必要があります」

この「俊敏」を使った例文は、「市場競争が激化している今だからこそ、頭の回転が良くて判断や行動にスピード感のある若者を、積極的にできるだけ多く採用して、未来の会社の成長基盤を整える必要がある」ということを意味しています。

「俊敏」を使った例文2

「彼は若い頃から、マスメディア業界の中でも俊敏をもって鳴らしたアナウンサーの逸材でした」

この「俊敏」を使った例文は、「彼は若い頃から、マスメディア業界の中でも頭の回転が速く、判断・行動が適切で素早いことで知られたアナウンサーの逸材であった」ということを意味しています。

「俊敏」の反対語

「俊敏」の反対語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「愚鈍・魯鈍」

「愚鈍・魯鈍」

「俊敏」の反対語として、「愚鈍・魯鈍」が上げられます。

「愚鈍」という言葉は、「頭の回転が悪くて、判断力や理解力も低くて理解が遅いこと」を意味しています。

「魯鈍」という表現は、「知性が低く愚かで頭の回転が遅いこと・頭の働きが鈍くて愚かなさま」を意味しています。

それらの意味から、頭の回転が速く、適切な判断・行動を素早くできるを示す「俊敏」とは反対の意味を持つ反対語(対義語)として、「愚鈍・魯鈍」を指摘できます。

「俊敏」の類語や類義語・言い換え

「俊敏」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「鋭敏」【えいびん】
  • 「明敏」【めいびん】
  • 「機敏」【きびん】

「鋭敏」【えいびん】

「俊敏」の類語・言い換えとして、「鋭敏」があります。

「鋭敏」という表現は、「物事を感じる感覚が人よりも鋭くて敏感なこと、敏感であるさま」を意味しています。

また「鋭敏」というのは、「才知に優れていて頭の回転が速いこと」「才知に秀でていて聡明であるさま」を意味しています。

それらの意味合いから、頭の働きが良くて行動が素早いを意味する「俊敏」とほぼ同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「鋭敏」を指摘することができます。

「明敏」【めいびん】

「俊敏」の類義語・言い換えには、「明敏」があります。

「明敏」という表現は、「頭の働きが鋭くて、物事の要点・本質をスピーディーに理解できること、理解できるさま」を意味しています。

その意味合いから、頭の回転が速くて物事を素早くこなすを示す「俊敏」という表現はそのまま、「明敏」という表現で言い換えることができるのです。

「機敏」【きびん】

「俊敏」の類語・言い換えとして、「機敏」があります。

「機敏」という言葉は、「時機に応じて素早く判断して行動すること」「好機を逃すことなく判断や行動をスピーディーに行うさま」を意味しています。

それらの意味合いから、頭の働きが優れていて、適切な判断や行動を素早くできるを意味する「俊敏」と近しい似た意味を持つ類義語として、「機敏」という表現が上げられるのです。

「俊敏」の英語と解釈

俊敏 meaning in english

「俊敏」という言葉を英語で書き表すと、“smart”(頭の働きが良い・賢明で才知がある・スマートである・俊敏)や“quick-witted, sharp-witted”(素早い機知がある・鋭いウィットがある・俊敏)、“alert(bright) and agile”(素早く気づいて行動すること・俊敏)などになります。

“He is quick-witted to be easy to solve difficult questions.” この「俊敏」を用いた英語の例文は、「彼は難しい問題を簡単に解決するほどに俊敏です」を意味しています。

icon まとめ

「俊敏」という言葉について徹底的に解説しましたが、「俊敏」には「頭の働きが良くて、判断や行動が適切で素早いこと」などの意味があります。

「俊敏」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「鋭敏」「明敏」「機敏」などがあります。

「俊敏」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。