意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「逸材」とは?意味や使い方!例文や解釈

「逸材」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「逸材」という言葉を使った例文や、「逸材」の類語を紹介して行きます。

逸材

Meaning-Book
「逸材」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「逸材」とは?
  • 「逸材」の英語と解釈
  • 「逸材」の表現の使い方
  • 「逸材」を使った例文や短文など
  • 「逸材」の類語や類義語・言い換え
  • 「逸材」の反対語


「逸材」とは?

「逸材」という言葉を知っているでしょうか。

「君は逸材だ」などと、誰かに言われたことがあるかもしれません。

一方で、「逸材」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「逸材」という言葉の意味を紹介します。

  • 「逸材」の読み方
  • 「逸材」の意味

「逸材」の読み方

「逸材」「いつざい」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「逸材」「いつざい」と読みましょう。

「逸材」の意味

「逸材」という言葉の意味を紹介します。

「逸材」には、「優れた才能を持つ人」という意味があります。

「君は逸材だ」と誰かに言われる時は、その人から、「優れた才能を持っている人」と思われたのでしょう。

このように「逸材」という言葉には、「優れた才能を持つ人」という意味があります。



「逸材」の英語と解釈

逸材 meaning in english

次に「逸材」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「逸材」は英語で、“talented man”になります。

“talented man”には「才能がある人」「逸材」という意味があります。

さらに“person of talent”という英語でも「逸材」という言葉を表現できます。

“person of talent”には「才能のある人」「逸材」という意味があります。

このように「逸材」を英語にしたい時は、“talented man”“person of talent”という英語を使ってみましょう。

「逸材」の表現の使い方

「逸材」という言葉はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「逸材」には「優れた才能を持つ人」という意味があります。

そこで、みなさんの周囲にいる、優れた才能を持つ人に対して、「逸材」という言葉を使ってみましょう。

例えば、会社の新入社員の中に、誰よりも優れていると感じる人がいる時、「今年の新入社員の中に、逸材がいる」などと言ってみましょう。

またスポーツ仲間の中に、優れた才能の持主がいたら、「プロになれる逸材かもしれない」などと「逸材」という言葉を使ってみましょう。



「逸材」を使った例文や短文など

続いて「逸材」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「逸材」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「逸材」を使った例文1
  • 「逸材」を使った例文2

「逸材」を使った例文1

「『逸材』を逃さぬよう、面接担当者に注意する」

この例文のように、会社は優れた人材を探しているはずです。

そのため、「逸材」と呼ばれるような人が面接に来たら、絶対に合格させたいと思うはずです。

一方で、その年に入社させる人材の数は決まっているため、面接担当者の責任は重くなるかもしれません。

いかに優れた才能の持主を見逃さないか、目利きの勝負になるかもしれません。

「逸材」を使った例文2

「部活に入った時、先輩に『逸材』と呼ばれて、その気になる」

この例文のように、部活の先輩から「逸材」と呼ばれたら、やる気が出るかもしれません。

もちろん、入部してくれた後輩に対するサービストークで、本心からそう言っているかは分かりません。

しかし「君は優れた才能の持主だ」と言われば、やる気が湧いて、頑張ろうと思えるはずです。

「逸材」の類語や類義語・言い換え

「逸材」の類語や類似表現を紹介します。

「逸材」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「偉人」【いじん】
  • 「巨人」【きょじん】
  • 「超人」【ちょうじん】
  • 「大人物」【だいじんぶつ】
  • 「傑物」【けつぶつ】

「偉人」【いじん】

「偉人」という言葉には、「偉い人」「優れた人」という意味があります。

「偉人の伝記を読む」という言葉には、偉い人の人生について書かれた本を読むという意味があります。

どのような環境に生まれて、どのような育ち方をすれば、優れた人になれるのか、「偉人伝」を読みながら学べるかもしれません。

「巨人」【きょじん】

「巨人」という言葉には、「並はずれた才能の持主」という意味があります。

「音楽界の巨人」などという言い回しには、音楽業界の中で、並はずれた才能を持っている人という意味があります。

「超人」【ちょうじん】

「超人」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

「超人」には、「人間とは思えないほど、並み外れた能力を持つ人」という意味があります。

「超人のような働き」という時は、とても同じ人間とは思えないような、並はずれた活躍を見せているという意味があります。

「大人物」【だいじんぶつ】

「大人物」という言葉には、「器量の大きな偉大な人」という意味があります。

「彼ほどの大人物はいない」などという時、彼ほど器量の大きな偉大な人はいないという意味になります。

歴史上の豪傑などは「大人物」と呼ばれることがあります。

「傑物」【けつぶつ】

「傑物」には、「飛びぬけて優れている人」という意味があります。

「彼は傑物だ」「芸能界の傑物だ」などという使い方をします。

「逸材」の反対語

最後に「逸材」の反対語を紹介します。

「逸材」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「凡人」【ぼんじん】
  • 「只者」【ただもの】
  • 「凡骨」【ぼんこつ】
  • 「熊公八公」【くまこうはちこう】

「凡人」【ぼんじん】

「凡人」という言葉には、「ごく普通の人」という意味があります。

「私は凡人ですから」という時は、「ごく普通の人物です」「つまらない人間です」などという意味があります。

「只者」【ただもの】

「只者」という言葉には、「世間にいくらでもいる、平凡な人」という意味があります。

普通の人ではないという意味で、「彼は只者ではない」などと表現します。

「凡骨」【ぼんこつ】

「凡骨」という言葉には、「平凡な素質」という意味があります。

「われわれ、凡骨が及ぶ考えではない」という時は、私たちのような、平凡な才能しかない人間には、思いつくような考えではないという意味があります。

「熊公八公」【くまこうはちこう】

「熊公八公」という言葉には、「庶民的で平凡な人々」という意味があります。

「熊」「八」は、落語にも登場する、庶民を表現した名前になります。

icon まとめ

「逸材」という言葉について見てきました。

優れた才能を持つ人を見た時、「逸材」という言葉を使ってみましょう。