意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「予想を上回る」とは?意味や類語!例文と解釈

皆さんは「予想を上回る」という表現を聞いたことがあるかと思います。

この言葉は、身近な場面だけでなく、ビジネスシーンや、テレビやネットニュースでも時事報道の中の一文としても使われることがあります。

そこで今回は、この「予想を上回る」という言葉について見ていくことにします。

Meaning-Book
「予想を上回る」とは?意味や類語!例文と解釈>


目次

  • 「予想を上回る」とは?
  • 「予想を上回る」の英語と解釈
  • 「予想を上回る」の表現の使い方
  • 「予想を上回る」を使った例文と意味を解釈
  • 「予想を上回る」の類語や類義語


「予想を上回る」とは?

「予想を上回る」とは、「当初、予想していた結果が、考えていた以上に良い結果になる」「想定していたよりも高い成績や結果になる」という意味がある言葉です。

  • 「予想を上回る」の読み方

「予想を上回る」の読み方

「予想を上回る」「よそうをうわまわる」と読みますが、難しい読み方ではないので、ここで間違いなく読めるように、きちんと覚えておくようにしておきましょう。



「予想を上回る」の英語と解釈

「予想を上回る」を英語で表現すると、“beyond expectations”“beat the expectation”などの言葉で訳すことができます。

「予想を上回る」の表現の使い方

「予想を上回る」「始め考えていた当初予測よりも大幅に高く結果となる」という意味になるので、ビジネスの場面で色々な取り組みをした結果、計画前段階で設定した目標値を大幅に越えて高い結果を出した時に使われます。

また、この他にも前期結果で多くの当選者を出すような時や、新製品の販売が好調な場合でも使われることになります。



「予想を上回る」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「予想を上回る」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「予想を上回る」を使った例文1
  • 「予想を上回る」を使った例文2

「予想を上回る」を使った例文1

「実際には手元に予想を上回る資金が集まることになり、新規ビジネスに投じる目処がついたのです」

この例文では、新しいビジネスを始めるために、多額の資金が必要となっていたのですが、必要な額が集まるか不安が残っていたようです。

しかし、その懸念は無用のようでした。

「予想を上回る」資金が集まったことで、何とか新規ビジネスに着手することができるようです。

「予想を上回る」を使った例文2

「世界経済は安定を取り戻したおかげで、予想を上回る回復ができ、大幅な成長を達成できる見込みです」

「予想を上回る」業績を残すこと、成長を達成させることは、1つの企業のことを指しているわけではなく、世界経済の動きを示す場合でも使われることができるあります。

今ではビジネス業界もグローバル規模で語られることが当たり前になっているので、この例文に見るようなことは、常にあることです。

世界経済も国境を超えた1つのマーケットとして捉えることができるのです。

「予想を上回る」の類語や類義語

ここからは「予想を上回る」の類義語をいくつか挙げていくことにします。

どのような言葉が類義語としてあるのでしょうか?

  • 「想像以上の」【そうぞういじょうの】
  • 「想定外の」【そうていがいの】

「想像以上の」【そうぞういじょうの】

「想像以上」という言葉が「予想を上回る」の類義語として扱うことができます。

「イメージしていたよりもさらに高い」というような意味で使われますが、使い方によっては、「当初考えていた以上に悪化して」というように悪い意味合いで使われることもあります。

「想定外の」【そうていがいの】

「想定外の」という言葉も「予想を上回る」に近い意味を持って言葉として使われています。

「それまでに考えていた程度を大きく超えているさま」という意味を持っています。

icon まとめ

「予想を上回る」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、このような表現はビジネスの世界では、よく使われるものなので、何時でもこの言葉が利用できるように、今回の記事の内容を自分に中にしっかりと落とし込んでおいてください。