意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「表沙汰」の意味とは!類語や概要

「表沙汰」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「表沙汰」という言葉を使った例文や、「表沙汰」の類語を紹介して行きます。

表沙汰

Meaning-Book
「表沙汰」の意味とは!類語や概要>


目次

  • 「表沙汰」とは?
  • 「表沙汰」を使った例文や短文など
  • 「表沙汰」の類語や類義語・言い換え


「表沙汰」とは?

「表沙汰」という言葉を知っているでしょうか。

「秘密が表沙汰になる」などという出来事があった人もいるでしょう。

一方で、「表沙汰」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「表沙汰」という言葉の意味を紹介します。

  • 「表沙汰」の読み方
  • 「表沙汰」の意味

「表沙汰」の読み方

「表沙汰」「おもてざた」と読みます。

少し読み方が難しい言葉のため、読み間違えないように気を付けましょう。

これを機会に「表沙汰」「おもてざた」と読みましょう。

「表沙汰」の意味

「表沙汰」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「表沙汰」には、「内密にしたいことが世間に知れ渡ること」という意味があります。

「秘密が表沙汰になる」という時は、隠しておきたい秘密が、世間に知れ渡ることという意味があります。

このように「表沙汰」という言葉には、「内密にしたいことが世間に知れ渡ること」という意味があります。



「表沙汰」を使った例文や短文など

次に「表沙汰」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「表沙汰」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「表沙汰」を使った例文1
  • 「表沙汰」を使った例文2

「表沙汰」を使った例文1

「カツラだということが『表沙汰』になる」

この例文のように、カツラをつけているという秘密が、職場の人たちに知られてしまった時、「表沙汰」になると言います。

しかし公然の秘密になることで、気持ちが楽になる人もいます。

「表沙汰」になって良かったと思う人もいるかもしれません。

「表沙汰」を使った例文2

「社内恋愛していたことが『表沙汰』になる」

この例文のように、同僚に内緒で社内恋愛していた人が、何かの拍子に周囲の人に知られてしまうことがあります。

このように内密にしたいことが世間に知れ渡ることを「表沙汰」になると言います。

しばらくの間、気まずい思いをするかもしれません。

「表沙汰」の類語や類義語・言い換え

続いて「表沙汰」の類語や類似表現を紹介します。

「表沙汰」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「公になる」【おおやけになる】
  • 「白日の下にさらされる」【はくじつのもとにさらされる】

「公になる」【おおやけになる】

「公になる」には、「隠されていた物事が表に出てくる様子」という意味があります。

「秘密が公になる」「男女の中であることが、公になる」などの使い方をします。

「白日の下にさらされる」【はくじつのもとにさらされる】

「白日の下にさらされる」には「情報が享受可能な状態になる」という意味があります。

秘密の情報などが、誰でも知れるようになる時、「白日の下にさらされる」と言います。



icon まとめ

「表沙汰」という言葉について見てきました。

内密にしたいことが世間に知れ渡る時、「表沙汰」という言葉を使ってみましょう。