意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「装いを凝らす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「装いを凝らす」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「装いを凝らす」という言葉の理解を深めていきましょう。

装いを凝らす

Meaning-Book
「装いを凝らす」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「装いを凝らす」とは?
  • 「装いを凝らす」の表現の使い方
  • 「装いを凝らす」を使った例文と意味を解釈
  • 「装いを凝らす」の類語や類義語


「装いを凝らす」とは?

「装いを凝らす」とは一生懸命に、飾って整えるという意味になります。

  • 「装いを凝らす」の読み方

「装いを凝らす」の読み方

「装いを凝らす」と書いて「よそおいをこらす」と読みます。



「装いを凝らす」の表現の使い方

「装いを凝らす」「装い」とは外観、設備、身なりといったものを美しく飾り整えるという意味があります。

そして「凝らす」とは意識を一つの物事に集中させる、注ぎ込むという意味ですから、つまりは美しく飾り整えることに集中するといったことになります。

ですから、自分の服装など、お洒落をすることに気を使っている、おめかしをしているといった時に使うことが多いでしょう。

例えば「娘さんたちは、それぞれ装いを凝らしており、とても美しかった」などと使います。

「装いを凝らす」を使った例文と意味を解釈

それでは「装いを凝らす」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「装いを凝らす」を使った例文1
  • 「装いを凝らす」を使った例文2

「装いを凝らす」を使った例文1

「久しぶりの集まりが嬉しく、鏡の前で装いを凝らすのだった」

「装いを凝らす」とは身なりを整えることに気を使う、お洒落をする、おめかしをするといった意味で使いますので、例文のように鏡の前で、美しく見せる為に張り切ることを「装いを凝らす」と表現するのです。

「装いを凝らす」を使った例文2

「思い思いに、装いを凝らしており、場はとても華やかで素敵だった」

美しく着飾っている、それぞれが自分なりのお洒落を工夫しているといった時に「装いを凝らす」という言葉を使います。

そのような人が沢山集まっている場は、とても華やかで、素敵であると想像ができます。



「装いを凝らす」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「装いを凝らす」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「お洒落をする」【おしゃれをする】
  • 「ドレスアップする」

「お洒落をする」【おしゃれをする】

「お洒落」とは髪型、化粧、服装など、身なりに気を配るという意味で、またそのような人のことを「お洒落な人」「お洒落」と言います。

「彼女は同窓会に行く為にお洒落をしている」「お洒落をするのはいいが、内面も大事なんだよ」「せっせとお洒落をする若い娘」などと使います。

「ドレスアップする」

「ドレスアップ」とは正装するという意味ですが、着飾るということでもあります。

「今日は特別な日だからと、母は念入りにドレスアップする」「ドレスアップすると、まるで別人だわ」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「装いを凝らす」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「装いを凝らす」とは一生懸命、飾り整えるという意味になります。

外観、設備、身なりといったことに使う言葉であると覚えておきましょう。